生理前の貧血予防に効果的な2つの食材 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!hinketsu

生理前の貧血予防に効果的な2つの食材

生理前の貧血予防には、何が効果的か?

月に1回来る憂鬱な期間が女性には、ありますよね。

そう・・「生理」という習慣です。生理前は、むくみも凄いし、イライラ状態も続きます。

特に「生理時期」は、貧血気味になる女性も多い。

それもそのはず!大量の血が放出されるのですから。同時に「鉄」も多く不足します。

そこで「貧血予防」にも効果的な食材を!

貧血対策にオススメ「プルーン」

4c9c1c6ae4934c0373f523ea0d9e3dbb_s

「プルーン」の驚くべき効果。「鉄分」が豊富

フルーツの中でもバナナの約3倍、グレープフルーツの約10倍の「鉄分」が含まれています。

海外では、貧血気味の人が「プルーン」を毎日7~10個くらい食べたら、2ヶ月半で貧血が改善されたという実験結果が発表されました。

プルーンは「鉄分」が特に豊富です。

海外では、出産した患者に貧血改善のため、毎食後プルーンを食べさせていると聞きます。

プルーンは、鉄分の他にも様々な効果があります。

便秘が改善されます。プルーンは、ペクチンを多く含んでいて、整腸作用があります。

美肌効果が大きい。美肌に効果的なビタミン類が豊富

ビタミンB1はリンゴの6倍・バナナの約3倍、ビタミンB2はオレンジの5倍、ミネラルもバランスよく配合されています。

動脈硬化、心臓病などを予防。プルーンには、悪玉コレステロールを排除する作用が働きます。

プルーンの「ネオクロロゲン酸」が、コレステロールを調整します。

貧血対策に「レバー」を食べよう!!

202839

鉄分代表の食材として「レバー」も有名。

レバーは貧血にも素早く対応してくれます。

「鉄分」は、身体に吸収されにくいため、摂取した鉄の10%程度しか吸収されない成分と言われています。

しかし、「レバー」は食べ合わせによって鉄分の吸収をアップしてくれるのです。

オススメな食べ合わせとしてはニラ・ニンジン・ガーリック・生姜など。

レバーレシピをご紹介。

「ニラレバー煮」

1・レバーを一口切りし、ニラ・ニンジンをざく切りに。

2・鍋には、みりん大さじ3・酒大さじ3・みそ・生姜みじん切り。

3・鍋に①の具材を入れて、ゴマ油で軽く炒めて、煮汁で余熱煮する。

完成!生姜が効いてご飯がすすむ一品です。

「レバーのパテ」

1・レバーのみ茹でます。

2・茹でて、熱が入ったレバーを細かく、細かく刻み、潰します。

3・②にガーリック・粉チーズ・味噌・お砂糖を少々加えて、さらにコネコネ。

4・クラッカーの上に、のせて完成。

ワインのお供に最適なおつまみです。

レバーはアルコールの分解にも効果的だと言われていますからおつまみにもGOOD。

レバーは苦手な方も多い。

臭いが気になるようならば、牛乳に少し浸けてから調理すると臭みも取れます。

生理前には「鉄分」豊富なプルーンやレバーを食べてみて下さい

貧血でクラクラな身体が改善されるかもしれません。

排卵日から潤いが失われる肌事情を解決!

肌荒れの原因と改善のチェックポイント



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ