アロマでバスタイムの美容効果を高めよう | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!bathtub-54587_640

アロマでバスタイムの美容効果を高めよう

美肌とダイエット効果を狙って、半身浴を日々の生活に取り入れている方は多いのではないでしょうか。

女性にとって永遠の悩みともいえる日々のむくみを解消するにも、そのむくみを放っておくと出来てしまうセルライトの対策にも、全身の血行を良くする半身浴はうってつけです。

ゆっくり半身浴をする時間はとれなくても、湯船には必ず浸かるよう習慣づけている方もいますよね。

バスタイムに入浴剤は使っていますか?

5b9b08a258eeb489c8fe802c86539155_s

健康・美容ともに効果が期待できるバスタイム。

湯船に数滴入れるだけでより効果がアップするアロマオイルがあるのはご存知でしょうか。

まず、アロマオイルの効果を上げるために、塩を大さじ2ほど投入します。

これは食塩などより、天然塩のほうがより肌に優しく、ミネラルなどの美容効果が期待できます。

そしてアロマオイル。

美肌・痩身にはローズマリーとサイプレスがうってつけです。

これをそれぞれ2、3滴ずつ湯船に入れ、よくかき混ぜます。

少ないようですが、分量はこれで充分。

これ以上になると、香りが強すぎて気分が悪くなったり、肌への刺激が強すぎてぴりぴりしたりします。

アロマの効能

8432567336fb231a48670af416b0a4ae_s

ローズマリーは独特の優しい香りでリラックスできるほか、体の各部をゆっくり温めていく作用があります。

サイプレスはホルモンバランスに働きかけ、忙しくて生活のリズムが崩れがちなときの体調を整えてくれます。

ローズマリーとサイプレス、両方に収斂作用があるので、脂性肌の改善にもおすすめです。

ただしローズマリーは妊娠中を通して、サイプレスは妊娠初期の使用は控えた方が良いオイルです。

その場合は同様の効果が期待できるオイル、ローズマリーであればパインオイル、サイプレスはユーカリなどに変更するようにしましょう。

アロマバスにはいらいらしがちな神経をリラックスさせてくれる効果もあるので、お風呂から上がったあとは良質な睡眠も期待できます。

朝風呂であれば一日の代謝を上げてくれるので、ぜひ毎日の習慣にしてみてください。

アロマバスがPMS、生理痛の解消に効果的な理由

サラサラで気持ちいい【グレープシードオイル】を使った美容法とスイーツレシピ



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ