美肌ケアは顔だけじゃない!首や手も気を使おう | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

顔だけじゃだめ!年齢の出やすいパーツ

bihada-care_01

美肌美白対策、きちんとしていますか?

はいと答えた方、もしかしてそれって、顔だけじゃありませんか?

顔のケアはもちろん必須です。

人は見た目が9割という本がちょっと前に流行りましたね。

でも、人の印象に残りやすい場所って何も顔だけではないんです。

人の印象に残りやすい部分イコール、年齢が出やすい場所と言っても大げさではありません。

首のシワ対策は意外と簡単

まず、よく言われているのが

bihada-care_02

顔が真っ白つやつやでも、首がくすんで、横皺が何本か入っていると、ああ…顔はそうとう化粧で造ってるのかな…と思われてしまうもの。

髪と襟元が額縁だと考えてみてください。

絵は顔と、首、そしてデコルテです。

けれど、この部分の対策は簡単。

顔とひと繋がりなのですから、フェイスケアに使う化粧水や美容液、マッサージを、下に向かって延長すればいいだけです。

日焼け止めもそうですね。

そうすれば、あの人、首と顔の色が違う…という事態は防げます。

 

そして首の皺対策として試してみて頂きたいのが、枕を変えてみること。

枕無しで寝る習慣がある人は首に皺が出来にくいそうです。

これはよく眠れる人と眠れない人がいると思うので、試してみて自分の体に合っていそうなら、習慣にしてみても良いと思います。

手肌のケアにはハンドクリーム

次に、

ネイルサロンに通っている女性は多いですよね。

サロンに行ったついでにハンドケアコースを取り入れている方もいると思いますが、それはスペシャルケアと考えて、日ごろから少し気を使ってみましょう。

乾燥する季節だけではなく、ハンドクリームは年中携帯しておくと良いです。

bihada-care_03

とくにオフィス勤めの女性は、紙を触る機会が多いですよね。

紙は驚くほど手肌の水分を奪います。

 

ハンドクリームを塗るタイミングとしてお勧めしたいのが、手が濡れた後。

ハンドクリームて手に潤いを与えるというより、濡れた手に含まれている水分に蓋をする気持ちで使うと効果があります。

お手洗いの後、水仕事の後にこまめに塗り込みましょう。

水仕事にはゴム手袋を使うとなお良いです。

小さな努力が、あとに大きなリターンになって帰ってくることを期待して、日々こつこつ部分美容に努めてみてください。

二の腕のブツブツやたるみに効くと話題!ウデセレブの口コミを調査!

ルアンルアンの生せっけんは効果なし?薬局で安く買うには?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ