雑穀米の効能と注意点!簡単アレンジ方法は? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!f56d8eb84beeaa93ee5efda17de637a4_s

雑穀米の効能と注意点!簡単アレンジ方法は?

健康食品として、長い間多くの人に親しまれてきた雑穀米。

健康食品というよりはなくてはならないものとして、常備している家庭も多いのではないかと思います。

その理由はどこにあるのでしょうか?

雑穀米の効能と注意点

雑穀米は種類によっても異なりますが、ビタミンやミネラル、ポリフェノールを含んでいます。

ですから、皮膚の老化防止や腸内環境の改善にいいとされています。

ここで気を付けたいのがカロリーですが、雑穀のほうが低カロリーであるということはありません

カロリーは白米と同じくらいなので、雑穀ご飯だから食べ過ぎても大丈夫!という解釈はしないように注意してくださいね!

主な雑穀米の紹介

088902

キビ・・・黄色い小粒。もちもちとした食感が特徴的です。

ビタミンB1、ビタミンB2、亜鉛、ナイアシンが豊富に含まれています。

アワ・・・薄い黄色い小粒。あっさりとしていてクセがなく、上品で食べやすい味です。

ヒエ・・・アワと並んで日本最古の穀物と言われています。

もち米の仲間なので、冷えると固くなってしまうのが難点です。

また、善玉コレステロールを増やす働きがあると言われています。

ムギ・・・楕円形で真ん中に線がはいっているのが特徴です。

食感は穀類っぽく硬いのが特徴です。

美肌効果、利尿作用、解毒作用があるといわれています。

雑穀は普段のご飯に混ぜて、雑穀ご飯として食べるのが一般的だと思いますが、実はいろいろなアレンジができる優れた食品なのです。

雑穀米の簡単アレンジ方法

3ca6ad0e562675b10062a97ba75c845d_s

たとえば、ホームベーカリーをお持ちの方は通常の白いパンをつくるときに少し雑穀を混ぜるだけで「雑穀パン」ができちゃいます。

胚芽パンのような風味で、食べごたえあり、腹持ちよし!ダイエットにはすごくいいと思います。

野菜と一緒に煮込んで「雑穀入りミネストローネ」をつくることもできます。

煮込むと食感がなくなってしまいがちなスープも、雑穀を入れることでしっかりとしたおかずになりますね。

「しゅうまい」や「ぎょうざ」の具に混ぜ込んでも、見た目も食感も楽しい一品になりますね。

料理のは幅はアイディア次第で無限大です!ぜひチャンレンジしてみてくださいね。

雑穀のある生活で便秘しらず、美肌生活を送りましょう。

食事制限はもう古い!栄養バランスを知れば何を食べても良いんです!

美白ケアは夏だけじゃない!食事とスキンケアがポイントです



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ