体脂肪や体重を減少させる「グリーンコーヒー」は抗酸化作用もある | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!1

https://www.cubeny.com/diet_13greencoffee.htm

体脂肪や体重を減少させる「グリーンコーヒー」は抗酸化作用もある

皆さん、グリーンコーヒーって聞いたことありますか?

話題の健康食材の一つとして話題をよんでいます。

中には緑色のコーヒーをイメージする人もいると思います。

今回はこの食材がどんな物なのか、私たちの体にどんな影響をあたえるのかなど、不思議いっぱいのグリーンコーヒーについて解説していきたいと思います。

「グリーンコーヒー」とは?

image_1

http://phytochemical.n-takarajima.jp/index.php?QBlog-20141106-1

一般的に親しまれているブラックコーヒーを想像してみてください。

これはコーヒー豆を焙煎してから抽出されるものなのですが、グリーンコーヒーの場合は焙煎する前の状態・緑のコーヒー豆のことを指します。

グリーンコーヒーの抽出液はありとあらゆる健康に良い作用をもっており、科学的に証明されています。

決してあやしいダイエット商品ではありませんよ。

主な効能として注目されているのが、良質なカフェイン成分抗酸化作用を持つクロロゲン酸ですが、他にもたくさんの優れたパワーをもっています。

女性にとっても嬉しい働きをしてくれる

グリーンコーヒーは体脂肪と体重を減少させる作用があるという実験結果が2006年の“BMC Complementary and Alternative Medicine”で公式に発表されました。

ただ体重を落とすのではなく一度ついたら命の危険性もあるという臓器(肝臓など)につく脂肪もつきにくくなります

ここで関係してくるのが先ほどでてきたカフェインとクロロゲン酸です。

グリーンコーヒーのクロロゲン酸は人間の体内で消化され吸収されていきます。

糖尿病や肥満の原因ともなる体脂肪率を落とすサポートをしてくれるグリーンコーヒーは私たち女性にとっても強い味方なのですね。

グリーンコーヒーは高血圧を穏やかにしてくれる

ダイエット効果に加え、クロロゲン酸は血圧を高血圧をさげてくれます

様々な実験もなされていて2006年の研究では一日140ミリグラムの摂取で患者の血圧がみるみる減少していったということが分かりました。

しかも、薬ではないことから副作用も全く無いので高血圧治療の最も安全な方法として注目を浴びました。

グリーンコーヒーにも含まれるカフェイン

グリーンコーヒーに含まれるカフェイン成分はあなたの気分・脳の働きを向上してくれる優れた効果をもっています。

また2008年に行われたグリーンコーヒーの研究ではこのカフェインが反応・記憶・疲労回復・集中力・警戒心など重要な能力を向上させる力があるとも言われました。

最も効果が見込まれるグリーンコーヒーの摂取量は38~400ミリグラムであるとされます。

これは一日1/3~4杯分のコーヒーのカフェインに相当します。

グリーンコーヒーの持つ抗酸化作用

19096

https://www.supmart.com/search/?pid=19096

グリーンコーヒーやその抽出物質を含む商品には無数の抗酸化物質が入っています。

体内に入ってきて細胞を破壊していく酸化物を軽減してくれます。

このカフェインが細胞を襲うストレス・ダメージの量を減らしてくれることで、いつまでも若々しく健康を保てるのです。

またこれらの成分はがん細胞の拡散を防いでくれる働きもするため、年代性別関係なく摂取してみることをおススメします。

グリーンコーヒー豆のサプリメントも簡単に手に入るので、手軽に摂取できます!

TVで効果が実証されたMCTオイル+コーヒー=最強ダイエット!

ダイエットに適した食材はどっちだ!「カボチャVSサツマイモ」



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ