ルースパウダーでくすみ対策!上手なメイクの仕上げ方 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!91ba6301c4eab09234087800cdf8cb12_s

ルースパウダーでくすみ対策!上手なメイクの仕上げ方

仕上げでくすみをカバーしよう

疲れている時にふと鏡を見ると気になる、肌のくすみ

夕方になるとくすんでくる方や、頑張りすぎた日の翌朝にくすみを感じる方。

あるいは加齢で、以前よりも肌が黄ばんだ実感があるなど、くすみに悩まされる方はかなり多いようです。

とはいえファンデーションや下地のトーンを明るくすればいいというものではありません。

肌の色と差があると、顔だけが浮いた感じになってしまったり、夕方の化粧崩れが余計に目立ってしまう羽目になります。

そんな方におすすめなのが、仕上げのルースパウダー

厚塗り感もなく、お手軽で手間がかかりません。

紫のパウダーでハイライト&くすみ対策

187501

ルースパウダーとは、いわゆる粉おしろいのこと。

下地の上にさっとはたいたり、ファンデのツヤ感をほどよくオフする効果があります。

色味やラメの多さ、パール感など、商品によって様々ですが、くすみが気になる方におすすめしたいのは紫色のパウダー

肌に紫を乗せるというとピンとこないという方は、ぜひ売り場でルースパウダーを探してみてください。

色味に「紫」とある製品の意外な多さに驚かれると思います。

紫のパウダーの特性は、何といっても肌のくすみを飛ばし、透明感を増すこと。

肌をワントーン明るく見せてくれます。

テスターで試すなら手の甲がおすすめです。

全体に乗せるのではなく、右半分だけ乗せるなどして比べてみましょう。

普段使っているファンデーションや下地を塗って行って、上に重ねる形で試してみるのも良いかもしれません。

ポイント使いで効果アップ

45b6ad076d5239c31c5ca49be9f2f6ce_s

朝のメイク仕上げに使うほか、さっと乗せられるのでお直しにも最適なルースパウダー。

パフで乗せるときれいな仕上がりになるそうです。

全体にべったりとではなく、いわゆるTゾーン、頬骨など張り出した部分に乗せると、顔に自然なメリハリが出ます。

パール入りのものを選べば、さらに華やかさも演出できて、化粧直しの後も明るい気分で過ごせそうですね。

産毛処理でくすみ肌をトーンアップ

シルキークイーンは効かないって本当?一番安く買う方法を発見!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ