目の下のクマを簡単マッサージで改善する3つの極意 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!105774

目の下のクマを簡単マッサージで改善する3つの極意

クマは定着させないことが肝心!

寝不足や疲れで一度出来てしまうとなかなか取れにくい、目の下のクマ

具合が悪そうに見えるせいで、周りから心配されることもあり、放っておくわけにはいきませんよね。

とはいえメイクで隠すには限度もあります。

毎日できる簡単なマッサージで、クマを追い払いましょう。

簡単&時短のマッサージで充分

8293f87e3deae6f76f6a3e02ff85a743_s

クマに有効なツボは目の周り、とくに目の下に集中しています。

両手の薬指で、ごく軽く叩くように、目の下の目尻側から目がしらに向けてマッサージしましょう。

目がしらにたどりついたら、次は目の上を目がしら側から目尻に向けて、同じように叩くようにマッサージしていきます。

やりすぎは禁物なので、一度に行うのは3周程度に抑えておきましょう。

おすすめしたいタイミングはスキンケア後

目元の皮膚は薄くて敏感です。

アイクリームなどを塗った後なら、指の滑りが良くて負担が軽く済みます。

ポイントは何よりも、力を入れ過ぎないこと。

ティッシュペーパーを突いても破れないくらいの優しさでぽんぽんと叩くようにしましょう。

マッサージに薬指を使うのも、強い力が入りにくいからです。

眉頭の下を、親指の腹でイタ気持ちいい押すマッサージも効果的です。

これはパソコンなどで目が疲れてクマが出るという、眼精疲労タイプの方におすすめ。

デスクで暇を見つけて押してみてください。

あなたのクマはどのクマ?

6987f450efdb411607b81a80dc7f6d72_s

紹介したマッサージで改善できるのは、寝不足や一時的な疲れで起こる血行不良性のクマです。

青クマという呼び方を聞いたことがあるかもしれません。

一方でこれと違い、擦ったりメイクの色素が沈着して出来た茶クマや、皮膚のたるみが原因の黒クマはマッサージが逆効果になることもあります。

茶クマには美白、皮膚のたるみには表情筋のトレーニングが有効です。

自分のクマの原因をよく知ることは、マッサージやクリームなどはもちろんですが、生活環境の見直しにもつながりそうですね。

寒い季節は目の下がくすみやすい

イビサクリームは効かないの?誰にもバレない注文方法でこっそり改善



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ