一番重要かも?背中の保湿テクニック | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!153761

一番重要かも?背中の保湿テクニック : 1.洗ったら保湿、は背中も一緒

背中をしっかり清潔に洗いあげてお風呂からあがったら、顔と一緒に背中も保湿しましょう。

皮膚の薄い顔を入念にケアするのはもちろんですが、体の皮膚はそれより厚いとはいえ、洗い上がりは水分が逃げやすくなっています。

面積の広いボディ用に、たっぷり使える化粧水を一本常備しておくのも良いかもしれません。

大容量で値段もお安い化粧水の中で、とくに人気が高い商品といえばナチュリエのスキンコンディショナー。

白くて大きいボトルに、「ハトムギ化粧水」と書いてある、ドラッグストアでよく見かける商品です。

以前から定番商品として扱われていましたが、美容家の佐伯チズさんがコットンパックに愛用していることから人気が爆発。

現在トラブルが無い方のボディと顔への使用もちろんですが、背中ニキビに悩まされていた方には強くおすすめします。

ニキビが治ってから次に考えたいのが、痕の対策。

ハトムギといえば、美白効果が高いことで有名ですよね。

この化粧水はその美白効果に加え、低刺激で保湿効果も抜群。

ニキビのフォローには抜群です。

低刺激で大容量、それなのに定価が650円と大変お買い得。

試してみて損はなさそうです。

一番重要かも?背中の保湿テクニック : 2.保湿後のマッサージ効果で背中ニキビがさらに出来にくく

化粧水での保湿が終わったら、肘やヒザに使うことの多いボディクリームをそのまま背中に塗ってみても良いでしょう。

保湿効果もアップしますし、塗り方ひとつでマッサージ効果も出ます。

血行を良くすることで、老廃物の代謝も活発になり、新たなニキビ予防にもつながります。

両手にクリームをとり、両脇から背中、あとは背筋に沿って下へ流すように塗り込むと、リンパや筋肉のこりもほぐれます。

血流がよく、筋肉が温まっている部分は余分な脂肪がつきにくくなります。

せっかく背中見せをするなら、ニキビのない美肌と合わせて、背中のラインも綺麗なほうが良いですよね。

背中ニキビ対策と美容効果を合わせて狙える保湿とマッサージで、綺麗な背中を目ざしましょう。

朝の洗顔は水だけで保湿が可能

背中のできものの原因は洗い方にもある?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ