乾燥に勝てる正しい加湿器の使い方 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!お掃除始めました 

乾燥に勝てる正しい加湿器の使い方 : 1.加湿器の使い方を間違えると乾燥は改善できない

肌のためにも髪や体のためにも、冬場の乾燥が酷い季節はもちろん夏のエアコンなどが厳しく乾燥しやすい場所でも活躍するのが加湿器です。

静電気なども解消しながら肌荒れや年齢肌の原因となる乾燥を解消させてくれる加湿器は、一台あるだけで美容や健康を維持するためには優れものです。

しかしこの加湿器は正しい使用方法を行わなければ乾燥を解消させることはもちろん、肌荒れを引き起こしてしまうこともあるため、悪いものとなってしまうのです。

乾燥に勝てる正しい加湿器の使い方 : 2.加湿器は乾燥を解消するために正しく使うことがポイント

加湿器を使うまえに湿度がどのくらい必要なのかを知る必要があります。

空気中に含まれている水分量は割合的には人間が快適と感じる40から60%の湿度をキープすることができていれば良いとされており、40%を下回ってしまうことで粘膜の乾燥、免疫力の低下、病気への感染リスクの上昇、肌の乾燥が考えられます。

そのため健康で美肌を保てる湿度をキープしたい場合は、まずは60%以上の湿度を常にキープすることが理想とされています。

また冬場などの乾燥トラブルが起きやすい時期は、できるだけ湿度を保ちながら自分の顔や体にも化粧水などを使用して保湿をするように心がけましょう。

そして加湿器を使用する際に利用する水は水道水のみを使用しましょう。

ミネラルウォーターなどのアルカリ性の水はイメージでは綺麗になることができそうですが雑菌やカビが湧きやすいものとなっています。

水道水は微量の塩素などが含まれているため、カビや雑菌などが混ざりにくいタイプの水となっています。

できる限り避けるようにして水道水を使用しましょう。

そして加湿器の本体の中にカビが発生していないかなどを頻繁に確認し、もしカビが発生していた場合は速やかにお手入れをするように心がけましょう。

お手入れをしなければ汚い状態のカビ菌が部屋中に飛び回ってしまいます。

このようなことは絶対に避けるようにしましょう。

半身浴で乾燥肌を改善テクニック

混合肌の中でも悩む乾燥しがちなUゾーン



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ