排卵日から潤いが失われる肌事情を解決! | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!思う

排卵日から潤いが失われる肌事情を解決! : 1.皮脂の過剰分泌や潤いが失われたり肌トラブルが現れがちな排卵日

「生理前は肌が荒れる」「生理中はやたらと肌の潤いがなくなる」など生理の周期と共に起こることが多い肌トラブルの数々。

女性であれば誰もが経験したことがあることでしょう。

女性は排卵後などの時期は女性ホルモンの分泌量に変化が現れます。

この排卵日から1週間の時期は皮脂の分泌量も過剰化してオイリー肌になりがちになったり、肌全体から潤いが失われ乾燥肌が悪化してしまったりなどと女性ホルモンの関係で数多くの肌荒れが現れる時期となっています。

また肌内部の水分量が排卵時期は減少してしまうため内面砂漠状態となっています。

そのためこの時期はピンポイントで日々の生活以上に水分を摂取しなければならない時期ともなるのです。

この時期に保湿ケアや美肌のためのケアを行わなかったり、少々サボってしまうと乾燥やニキビなどが一気に増えてしまい肌が酷く荒れる可能性もあります。

必ず肌トラブルが起きる前に年中ケアを行えるように心がけましょう。

排卵日から潤いが失われる肌事情を解決! : 2.排卵日に内面砂漠を避けて肌の潤いをキープするためにも

常に潤いをキープすることができる肌を手に入れるためにも内面砂漠を避けるための保湿ケアを日々の生活の中で心がける必要があります。

そのためにもまずおすすめしたいのが水分を蒸発させないためにも外側からクリームで壁を作る方法です。

化粧水をたっぷりと塗ったら、そのうえからしっかりとクリームで壁を作る。

この流れを毎日必ず同じ化粧水やクリームで行うことで肌への外的水分補給は可能となります。

また水分を大量に摂る潤いや保湿効果が高いとされている食材を積極的に摂るこの2点も同時に行うようにしていきましょう。

このようなしっかりと行うケアが確実な内面砂漠の予防にも繋がります。

排卵週間の悩みを解消させ常にいつでも綺麗な肌の状態をキープするためにも、これらは毎日必ず行えるようにしていきましょう。

日々のしっかりとしたケアが確実なものとなるでしょう。

ルアンルアンの生せっけんは効果なし?薬局で安く買うには?

コットンパックで保湿&毛穴対策



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ