ほうれい線とは5歳老化する大敵 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!biyou_kogao

ほうれい線とは5歳老化する大敵 : 1.ほうれい線は年齢を重ねた老化の証拠

ほうれい線は、年齢を重ねる度に深く線の後がつき、どんどんと見た目の老化を進行させていく線と思われがちです。

しかし実際にはほうれい線は生まれたばかりの赤ちゃんや10代、20代の若い方々にも存在しています。

とはいえ、やはり年齢を重ねる度にほうれい線の目立ち方や深さは変化を遂げていき、ほうれい線があるだけでも5歳は老化してしまうとまで言われているのです。

このほうれい線ができてしまう理由は主に年齢を重ねることに失われていく肌のハリや弾力の低下、笑顔などの表情を作る表情線の衰え、全ての肌トラブルの原因とされている乾燥が原因とされています。

これらの原因は人間であれば誰もが年齢を重ねて行く度はもちろん生活をしていく中で訪れてしまうトラブルです。

少しでもほうれい線による老化を避けるためにも予防と改善ケアを行うことが必要となります。

ほうれい線とは5歳老化する大敵 : 2.老化の原因ほうれい線の中でも一番に気をつけたいこと

ほうれい線ができてしまう原因の中でも最も気をつけたいことが表情筋の衰えです。

表情筋の衰えは老化をする人間にとっては仕方がないことであります。

顔の中に存在する筋肉の総称である表情筋は細かく筋肉の名前をあげていくと30種類以上は筋肉の名前があり、皮膚と皮膚を繋ぐ大切なものとなっているのです。

この表情筋は常に重力の影響を受けるため年齢を重ね老化をすることで衰えてしまいます。

そのため表情筋が劣化し、結果としてほうれい線として酷く顔に現れてしまうといわれています。

常に若くほうれい線を作らない表情筋を作るためにも、笑うなどの表情を豊かにすることを普段の生活の中でも意識し、あいうえおなどの口の動きを一日に数回行うようにしましょう。

こうすることで表情筋は鍛えられ確実にほうれい線ができにくい顔を作ることが可能となります。

毎日の生活の中でも会話の回数を増やすことも実は表情筋を鍛え、ほうれい線のない顔を作るためには良いこととなっています。

綺麗な顔を作り保つためにも努力をしていきましょう。

お肌のターンオーバーがほうれい線を引き起こす

メイクで老化が早まる?スッピンでいる為の裏技テクニックを紹介



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ