年齢が出やすい首のしわを防ぐ効果的な方法 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!e10cf2b214d1f53faa179dee78e0b466_s

年齢が出やすい首のしわを防ぐ効果的な方法

首の皺を防いで若々しく

メイクアイテムはどんどん進化しています。

シミや皺を綺麗に隠してくれる下地、血色良く健康的に見せてくれるチークや口紅はもちろん、最近では使い続けることでセルフタンニングができるアイブローペンなども出回っていますよね。

メイクをしっかりするぶん、スキンケアは念入りになります。

でも、顔のすぐそばに、年齢がとても出やすい部分があるんです。

それは首。

顔で年齢は隠せても、首を見ればわかるという話もよく聞きます。

スキンケアやボディケアの範囲を見直す

b70e2b43ad23522bb04d8c1190015d49_s

歳をとると、首に輪状の皺ができます。これが老けて見える原因です。

これを防ぐためには、まずスキンケアやボディケアの範囲を見直す必要があります。

スキンケアとボディケア、なぜか首はどちらからも外れがちな印象がありますよね。

結果として他の部位よりも老けるのが早いとすれば、もったいない話です。

手っ取り早いのは、スキンケアを首、デコルテまで延長すること。

化粧水だけではなく、美容液やクリームも同様に使いましょう。

首には老廃物を排出するリンパの流れがあるので、フェイスマッサージをした後に、耳の下から鎖骨の付け根までを軽く撫でてやると、顔も首のラインも美しくなります。

ボディケアを延長する方法もありますが、首の皮膚は顔のように薄く、デリケートなもの。

ボディクリームよりは、フェイス用のクリームを使ったほうがトラブルも起きにくいです。

紫外線対策もしっかりする

182639

同じ理由で、顔と同じ製品を使いたいのが日焼け止め

ボディ用だと乾燥してしまったりします。

紫外線対策も首までしっかり行いましょう。

首やデコルテは頭部の影になっているようで、意外と日焼けしやすい部分です。

日焼けはシミや皺のもとなので、こちらもしっかり防ぎましょう。

枕を変えてみるのも効果的

dabc219d058a4d70ffb63c0096f843d3_s

また意外なところで効果的なのが、枕を変えてみること。

高い枕は首の皺を定着させやすいといいます。

低い枕に変えるのも良いですが、バスタオルを折って枕にする方法がおすすめです。

毎日洗えるので、にきび対策などにも効果的。

顔と同じように労わって、全身のアンチエイジングをこころがけましょう。

ほうれい線とは5歳老化する大敵

アンチエイジングで特に重要な2つのポイント



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ