黒ずみ解消&うるつや美肌に!ニベア青缶の「シュガースクラブ」がスゴイ! | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

ニベア青缶と言えばハトムギ化粧水とのプチプラコンビが定番ですが、そんなニベア青缶と砂糖を混ぜて作るシュガースクラブが毛穴の黒ずみに効果絶大と話題になっているんです!

スクラブは頻繁に使うものではないので一度買うとなかなか使い切れなくて古くなってしまうなんて事もあります。このニベア青缶のシュガースクラブなら使うときにチョイ足しすればOKなので劣化してしまう心配もありません。

ニベア青缶の「シュガースクラブ」レシピ

ニベアクリーム4:砂糖2:オリーブオイル1

上記の割合で混ぜ合わせます。

オリーブオイルは、ココナッツオイルやホホバオイル、アルガンオイル、ベビーオイルなどお好みのものに変更してもOKです!

毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除き、古い角質を剥がしてくれます。肘、膝、かかと、お尻の黒ずみやざらざら、小鼻、デコルテケア、リップスクラブにも!

乾いたお肌には刺激が強すぎるので、必ず濡れたお肌に使用して下さいね。やりすぎは乾燥毛穴の原因になるので週1~2回ほどがベストです。

はちみつを加えると殺菌・消炎効果が加わり、ニキビの予防にも効果がありますよ。

ニベア青缶の「シュガースクラブ」がオススメな理由

砂糖は塩に比べて粒子が細かく、水に溶けると角が丸くなるためお肌に負担をかけずに角質を取り除く事が出来ます。

また、砂糖は親水性が良く、お肌の吸水力・保水力が高まるため、ニベア青缶の潤い成分が吸収されやすくなり角質を取り除きながら保湿ケアが出来るのが特徴です。ニベア青缶のシュガースクラブでマッサージした後のお肌は化粧水やボディクリームもいつもより格段に浸透しやすいんです。

そして私たちのお肌にいる善玉菌(いわゆる美肌菌)はお砂糖が大好物!これは皮膚常在菌というみなさんのお肌に必ずいる菌の中のひとつで、グリセリンや脂肪酸を産出してお肌の調子を整えてくれるもの。この善玉菌が活発になりお肌がイキイキ、つるつると蘇ります。

ニベア青缶の「シュガースクラブ」を使ってみた感想

ソルトスクラブに比べて刺激が少なく優しい使い心地です。スクラブ後のつるつるさっぱり感はもちろん、しっとりしたお肌になりますよ。

リップスクラブの後にはちみつやリップでパックをするとぷるつやになるのでオススメです。

ニベア青缶の「シュガースクラブ」まとめ

今回はニベア青缶と砂糖という身近なアイテムで保湿系スクラブが簡単に作れるオススメレシピをご紹介しました♪

シュガースクラブは砂糖の種類でスクラブの粗さを調整する事も出来ます。甜菜(てんさい)糖なら粒子が細かいため刺激が少なく、逆にグラニュー糖は粒子が粗い為かかとや膝などに向いています。

自分のお肌や用途に合わせてオリジナルのシュガースクラブを作ってみて下さいね♡



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ