話題の「ノンシリコンシャンプー」のメリットとデメリット | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!266141

話題の「ノンシリコンシャンプー」のメリットとデメリット

多種多少なシャンプーの中でも、「ノンシリコンシャンプー」の占める割合が大きくなってきていますね。

あまりにも店頭で目にするため、「はじめは興味なかったけど、なんだか流行っているし、使ってみようかな。」なんて思う人も多いのではないでしょうか。

美容系の大手メーカーからも発売されており、発売当初の「外国からきたブーム」という印象はだいぶ薄くなったのではないかと思います。

「なんか流行ってるしもう人に聞けないけど・・・」ノンシリコンシャンプーってってなに?という人も、実際は多いのではないでしょうか。

シャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

story03_pho_01

http://www.menard.co.jp/products/sidestory/story03.html

ノンシリコンシャンプーは、名前の通りシリコンが含まれていないシャンプーのことです。

シリコンとは、人工的に作られたキューティクルをコーティングして指通りをよくする成分です。

ですので、シリコンでコーティングされた髪の毛は、髪の毛の内部にはまったく栄養がいかず、髪の毛自体の補強などはされません

シリコンシャンプーが使われた、一見つやつやな美しい髪でも、実際は髪の毛は細く、弱く、栄養不足である可能性もあるということです。

ノンシリコンシャンプーは、そのシリコンは含まれていないので、シャンプーしている間は髪の毛が少しギシギシするように感じます。

しかし、栄養は髪の内部まで浸透し、芯から強く美しい髪になれるといわれています。

髪質は、つやつやより、さらさらという感じになります。

「ノンシリコンシャンプー」のデメリットとメリット

170204

じゃあ今までのシャンプーが悪いかといったらそういうわけでもありません。

つやつやを求めるのであればノンシリコンよりも通常のシャンプーの方が合っているでしょう。

通常のシャンプーでも、成分表をよくみて、比較的頭皮に優しそうなものが入っているものを選ぶことができれば、問題ないのです。

成分表示のはじめのほうに、ラウレス系成分(ラウレス硫酸Naなど)などがでてくるものは、避けた方がいいかもしれないですね。

また、シリコン入りのシャンプーはコーティングしている成分とともにカラーリングやパーマが落ちやすいというデメリットもあります。

日中髪の毛のべたつきや脂っぽさを感じている人はシリコン入りシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えてみるのも、いいかもしれないですね!

しらなきゃ損!ピンククロスシャンプー楽天やアマゾンの最安値は?

女性の育毛!無添加[マイナチュレ・シャンプー]の特徴と口コミ



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ