唇の縦ジワ、乾燥を予防するリップケア3つのポイント | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!131888

唇の縦ジワ、乾燥を予防するリップケア3つのポイント

唇ケアで明るい顔印象を明るく

乾燥する季節や、年齢を重ねると気になり始める唇の縦ジワ

老けた印象を持たれやすいうえ、皺による影のせいで、顔全体の血色もなんとなく暗く見えます

凹凸があるせいで、口紅やグロスが発色しにくいというデメリットもあります。

縦ジワを作る要素のひとつが乾燥

放っておくと皮がむけてしまい、一度むけ始めると治りにくくなってしまいます。

皮がむけて荒れた唇もまた、リップメイクを台無しにする原因に。

しっかりケアをして、ふっくら綺麗な唇を目指しましょう。

「こまめに優しく」が鉄則

リップケアで大切なのは、とにかくこまめにリップクリームを塗り、乾燥する隙を与えないこと。

一度荒れてしまうと、普段使っているリップケア用品が合わなくなることもあります。

リップクリームジプシーになる方が多いのはこのためです。

乾燥ばかりではなく、リップクリームやグロスなどに含まれる香料で荒れる、UVカット成分で荒れてしまうという方もいますよね。

H114300H_M2

http://www.kenko.com/product/item/itm_7211430072.html

肌質を問わず使えるといえば、やはり白色ワセリン

テレビなどでも紹介されて、リップケアの強い味方として徐々に認知されてきています。

大きなジャータイプで売られているので、スパチュラなどで小さめの容器に詰め替え、ホームケア用、外出用などで分けておくと便利です。

寝る前にはリップパックがおすすめ。

ワセリンやはちみつ、オリーブオイルなどが有名です。

垂れて落ちない程度に塗り、ラップを上に乗せて5分ほど放置すれば完了です。

パックをした後は、なるべく何も塗らずに寝るようにしましょう。

就寝時にリップクリームがついていると新陳代謝のさまたげになるそうです。

唇の皮膚はとっても繊細

547c58ae4a2377c29c808f432a8dc456_s

顔の他の部分の皮膚とちがい、唇には汗腺や皮脂腺がありません。

つまり、自身を潤す機能がないということ。

そのため、顔の皮膚の中で最初に老化が始まるのは唇だという説もあります。

唇のケアを習慣化して、毎日鏡で状態をチェックすれば、お肌の小さな変化にも素早く対処できそうですね。

色のパワーを取り入れた風水メイクで運気アップ!

美容・ダイエット効果抜群の「おから」4つの特徴



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ