セラミド層・コラーゲンに効果がある食品で乾燥肌対策 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

セラミド層を育てて乾燥を防ごう

seramido_01

デパートの化粧品売り場などで、肌の水分量を計ってもらえるコーナーをよく見かけますよね。

体験してみたことはありますか?

早足で見ない振りをして通り過ぎたことのある方も多いでしょう。

計らなくても、自分が乾燥肌なのは分かっているし…とお思いの方、

乾燥させない対策ばかりしていませんか。

をして水分を逃がさないのはもちろん大切ですが、そもそも肌の内部の水分量が足りていない女性が、かなりの数存在しているのをご存知でしょうか。

水分量維持の為に食べ物でセラミド層を作りましょう

皮膚の水分量を担う成分、それはセラミドです。

このセラミド層が水分を抱え込み、皮脂膜とタッグを組んで乾燥を防いでいます。

これが弱まると皮膚内部の水分も少なくなってしまいます。

そもそも少ない水分を逃がさないようにしているだけだと思うと、効果的な化粧水美容液を使っても、何だか勿体ない気持ちがしますよね。

セラミドを生成するのに効果的な食品は、生芋こんにゃくや、胚芽部分が削り取られていないお米大豆製品など。

seramido_02

胚芽については精米し過ぎると無くなってしまうことが多いので、五分づきのお米や、玄米などを試してみると良いでしょう。

この中で女性に特にお勧めしたいのが、生芋こんにゃくです。

肉じゃがなどの煮物に追加したり、炒めて水分を飛ばし、きんぴらにするなどレシピのバリエーションが豊富な上、一〇〇グラムあたり6キロカロリーほどと、ダイエット中にも安心して料理に取り入れられるカロリーの低さも魅力的です。

 

同じく皮膚の弾力を保ってくれるコラーゲンや、そのコラーゲンの生成を助けるビタミンCと合わせて積極的に食事に追加してみましょう。

上に挙げた食品はどれも、飽きずに手軽に取り入れられることが特徴です。

大豆製品だけでも、納豆豆腐きな粉など、食事だけではなく間食にも応用できそうですよね。

seramido_03

外側からと内側から、万全の乾燥肌対策で去年よりも乾燥しにくい肌を作っていきましょう。

ルアンルアンの生せっけんは効果なし?薬局で安く買うには?

二の腕のブツブツやたるみに効くと話題!ウデセレブの口コミを調査!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ