肌トラブル体験談「40代の保湿ケアでも戻らない、深いほうれい線対策」 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!skin-problems14_01

1. そのお肌のトラブルで悩みや不安がありましたか?

40代に入った頃から顔のほうれい線が気になり始めました。

ふと、鏡を見るとほうれい線が深く刻み込まれた感じになって、すぐに保湿ケアをしたのですが元に戻らずとても不安になりました。

顔にほうれい線があると実年齢よりも老けて見られがちですし、全体の印象も何だか疲れ切った様になってしまいます。

メイクで誤魔化そうとしてファンデーションを重ねてみましたが、返って厚化粧になってしまい上手く行きませんでした。

このままでは自分に自信が持てず、メイクしたりオシャレしたりする気持ちもなくなってしまう様な気がしてとても悲しくなりました。

 

2. そのお肌のトラブルにどのように対処しましたか?

ほうれい線は、顔の表情筋が衰えてしまう事によって肌がたるみ、線のようになってしまうと聞いたので、まずは表情筋を鍛える事にしました。

ほうれい線を消す効果的なエクササイズの一つとして、口を閉じ舌を歯茎に沿ってそれぞれ左右20回ずつ回し、それを1日に3セットすると言う方法がテレビで紹介されていたので、早速実行してみる事にしました。

 

やってみると分かるのですが最初は10回ほど舌を回すだけで口周りがとても疲れ、毎日続ける事によって表情筋が鍛えられていると実感します。

エクササイズの他にも食生活を見直し、肌に効果的なビタミンCビタミンEコラーゲン等を積極的に摂るように心掛けました。

 

3. そのお肌のトラブルが解決したことで気持ちや環境に変化があったら教えてください。

舌まわしエクササイズと肌に良い食材や生活習慣の改善をしていく事で、徐々に濃くはっきりとしていたほうれい線が少しずつ気にならなくなってきました。

特にメイクをする時は、ほうれい線を隠す為にファンデーションを厚く塗る必要がなくなり、ナチュラルメイクができるようになった事がとても嬉しいです。

新しい口紅やアイシャドーも試してみたいと言う気持ちが出てきましたし、オシャレにも前向きになりました。

 

今までは鏡を見るのが少々憂鬱だったのですが、肌が改善されてくるとどの食材が肌にとって効果的なのかやどんな生活が肌にとって悪影響なのかをきちんとチェック出来るようになり、ほうれい線だけでなく肌全体や日々の健康状態にも気を配れるようになりました。

 

4. 最後に、同じトラブルを抱える方にコメントやアドバイスをお願いします。

ほうれい線が出来てしまっても、加齢のせいだと諦めずにもう一度生活習慣食生活を見直してみて下さい。

エクササイズマッサージ等も挑戦する事によって前向きな気持ちになる事が出来、お肌と心のアンチエイジングに繋がると思います。

【体験談】白髪染め・フケ用シャンプーについて

【しそ油】を摂取してアンチエイジングケアをしよう!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ