肌トラブル体験談「赤み、カユミ、皮剥けでボロボロの脂漏性皮膚炎」 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

他人の視線が気になってしまう…赤み、カユミ、皮剥けでボロボロの脂漏性皮膚炎

私が、脂漏性皮膚炎で大変な思いをした時の体験談を書いていきたいと思います。

肌トラブルなんて全くなかった私が、突然おそわれた脂漏性皮膚炎。

当時は辛くて泣く毎日でしたが、今はかなり改善されてきたので、その時におこなった改善方法などを書いていきたいと思います。

脂漏性皮膚炎の恐怖!私は肌がこうなった

脂漏性皮膚炎のはじまり

事の始まりは友人と遊んでいて、かなり夜遅くになってしまいました。

夜更かし自体は良くあることだったのですが、その時は翌日に顔が赤くなり痒みがありました。

化粧水や乳液などを塗っておけば治るだろうと、ちゃちゃっと化粧水などで保水してその日は仕事へ。

夜になっても赤みは引かず、しぶといな~と思いながらも気にしていませんでした。

顔の赤みとかゆみはひどくなっていくばかり

さらに翌日、赤みは広がり痒みもまだあります。

虫刺されかな?ともおもい、以前病院で貰った軟膏を薄く塗りました。

その日も通常通り仕事をして帰宅。

そうこうしていると、その2日後くらいに赤みが酷くなりさらに皮が剥けてボロボロになり化粧もできない状態になってしまいました。

顔の皮がむけてボロボロになっていくと心もボロボロに

その当時つき合ってた人がいたのですが、私が化粧とおしゃれをしてる姿が好きだと言ってたので酷い顔のままだと嫌われてしまうという心配が常にありました。

相手はとても綺麗好きで、私が肌が痒いと相談すると「洗ってないからじゃないの?」という返答にショックを覚えたことを思い出します。

それが原因か、結局その後にその彼とは別れたのですが…。

 

この時の気持ちは不安や顔がどんどんひどくなってしまうのではないか?という恐怖でイライラもしていましたし、情緒が不安定でした。

顔を洗ってるのに、見た目では洗ってないような汚い状態になるので、常に視線が気になり、最終的には視線恐怖症という心の病にまでなってしまったのです。

丁度↓の様が感じです。もっと皮がぽろぽろ剥けてきていました。

脂漏性皮膚炎で肌が赤く痒く皮がむけている状態からおこなった治療

どんどん悪化していく肌になす術もなく数日が過ぎてしまい、何とか改善しようと奔走しました。

皮膚の病院へと行った話

まずは皮膚科に行こうと、予約をして向かいました。

その時の先生は、脂漏性皮膚炎だとは言っていませんでしたが、軟膏を出してもらいました。

これで一安心。

ホッとして、その日から薬を塗り始めました。

病院の薬が皮膚の赤みに効かない??

病院からもらった薬なのですが、言われた通りに薄く伸ばして塗っても改善されていく気がしません。

2日ほど様子を見ましたが。全く効果がないのでやめてしまいました。

この時私の気持ちは「やっぱり厄介な皮膚の病気なんだ、自分で調べて治すしかない」という感じでした。

私もこれまで他の人が、このような状態になっているのも見たことがなかったので、特殊な病気なのだと思い込んでいました。

自分で対策を考えて肌を治療する日々

色々調べ、ある画像をみて私の肌の状態が脂漏性皮膚炎と同じだと思い、これだ!と思いました。

もしかして洗顔料が悪いのかと思い、洗顔料から固形石鹸へ変えてみました。

効果は全く出ず、むしろ洗浄剤の使用回数自体を減らした方が肌がおちつきました。

 

次に「肌の保湿が足りない?」と感じて、保湿をした方が良いと思い添加物などの入ってないワセリンを使用しましたが、これも駄目でした。

 

むし脂漏性皮膚炎の場合はオイルは厳禁なようで、オイルフリーのジェルを使用しました。

ところが肌との相性の問題かシリコンが多いと痒くなってしまい、オイルフリーのジェルもこれまた使用できませんでした。

ついに脂漏性皮膚炎に有効な手段を発見

そこで、保湿より保水の方が大事という情報を耳にして「セラミド」の原液を購入。

水で薄めて肌に薄く塗るという事をしました。

これがとても有効で日に日に落ち着いていきました。

肌の赤み、痒み、皮の剥けにセラミドが効果的でしたが

その後は敏感肌用のセラミドの成分が入った化粧水セットを使用し、「肌を擦らない事」を意識したら段々と酷い赤みとカユミと、皮剥けは落ち着きました。

現在は、通常の肌の状態になっていますが、現在の化粧水を使わなかった理、少しでも気候が変わったり、体温が低下するとすぐに症状が現れます。

見た目は通常の肌になったが、、、

通常の肌に戻ったとはいえ、肌をこする行為にはまだ耐えられない状態なので、化粧は必要な時に年に数回しかできません。

ですが、それでも普通肌になっただけでもあの当時の苦労を思えば、気持ち的に凄く楽です。

未だに人と近くで会話するときに顔を見られることに恐怖をおぼえますが、それでも普段の生活には支障がありません。

当時は毎日泣いて過ごしてたので、やっと脱出できたという感じです。

脂漏性皮膚炎という肌トラブルを抱えて思った事

脂漏性皮膚炎は、顔や頭にできるので女性は特に精神的にとても辛い思いをしてしまうと思います。(身体にできるケースもあるらしいです)

年頃の女性なら、相当悩むでしょう。

ですが、肌を酷使しなければ少しづつでもよくなっていきますので、まずは気持ちを落ち着けましょう。

肌の状態が悪くなると → 気分が悪くなる → もっと肌が悪く・・ → もっと気分が・・・

と、負の連鎖に陥ってしまう事が一番よくないです。

 

また、私は病院に一度しか行かなかったので、そこも後悔しています。

先生でも何度か経過を見て良い薬にたどり着くこともあると思うので、まずは病院へ行くのが一番です。

また、自分はセラミド配合の化粧水やクリームで改善しましたが、私の様に「突然肌の環境が変わる」という人も少なくないそうです。

なので、こういった突発的な肌トラブルが起きたら、敏感肌向けのものに変えたり、極力肌へのダメージを無くすことも大切です。

美肌作りに欠かせないローズヒップオイル

肌のキメが乱れる要注意ポイント



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ