肌トラブル体験談「化粧で隠せない顔の赤みへの対処」 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

そのお肌のトラブルで悩みや不安がありましたか?

skin-problems50_01
何かアレルギーがあるわけではないのですが、気がつくと肌が赤くなっていることがありました。

肌が赤いため、などはとても目立ってしまい、化粧をしても隠しきれないほどでした。

人前に出るのも嫌になり、あまり外にでたくないというマイナスな気分によくなりました。

それに、顔の赤みはいつ取れるのだろうかと考えると、ずっとその赤みが残るのではないかと不安になりました。

 

やはり、女ですので、とても顔にコンプレックスがあり、綺麗な顔の人が羨ましかったです。

化粧をするのも嫌になり、スッピンで出歩くので、余計に肌の汚さが目立ち、暗い気持ちになりました。

マスクめがねをかけて外出していたのですが、マスクなしでは外に行くのも嫌だったぐらいです。

出来れば顔から紙袋を被りたいと思うほどでした。

 

そのお肌のトラブルにどのように対処しましたか?

まず、出来るだけ野菜果物を中心とした食生活にすることや、不規則な生活を送らないように心がけました。

寝る時間がまばらでしたので、出来るだけ統一して寝るように工夫をするようにしました。

また、半身浴毎日行い、身体の中から老廃物汗を出して、綺麗な肌になるように気をつけました。

半身浴はダイエットにもなりますし、血行も良くなりました。

 

他にも、暇があれば岩盤浴に通って、一時間ほど岩盤浴を行い、身体のデトックスをしました。

体重も10キロほど減少して、かなり痩せることも出来ました。

それに、ビタミンを意識して取るように心がけ、特にグレープフルーツを沢山食べるようにしました。

青汁も毎日飲んで、健康的な体を維持するようにしました。

 

そのお肌のトラブルが解決したことで気持ちや環境に変化があったら教えてください。

気持ちが前向きになり、化粧のりも良くなりました。

外出するのも楽しくなり、仕事も積極的に取り組めるようになりました。

肌の赤みは完全に取れたわけではありませんが、身体の中から老廃物を排出したので、お通じも良くなり、身体を動かすのも楽になりました。

 

コンプレックスが解消されたので、人と会うのも楽しくなり、明るくなったねとよく言われるようになりました。

それに、ハキハキと話をするようになったといろんな人に言われるようになりました。

目立つ赤ら顔を改善する2つの方法

赤み肌改善スキンケア



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ