キメが細かい肌は角質層で守られている | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!視線を逸しポーズをとる美しい女声(美容・エステ) [モデル:ディアナ]

キメが細かい肌は角質層で守られている : 1.角質層で守られているからこそのキメが細かい美肌

誰もが憧れるキメが細かい美肌は、肌の潤いが角質層で守られているからといわれています。

角質層とは角層とも呼ばれており、サランラップと同じ0.02ミリといった厚さの中に角質細胞がブロックのように何十層も積み重なりできている肌の中の組織のことを指します。

この角質層は外部からの水分が侵入することを防ぐ効果や肌の中にある水分が蒸発することを防ぐ効果があり、体の中の部位によっては角質層が厚くなっています。

例えば手のひらや足の裏などの刺激を受けやすい部位は触ってもわかるようにかなり体の部位の中でも角質層の厚い部位となっています。

この角質層が存在することでお風呂やプールなどの水が大量にある場所でも肌の中に水が入ってこないとされており、また肌の外部からの異物の侵入をブロックするバリア機能のようなものも備わっています。

角質層の中(構造)は細胞同士が密着しており、肌の中に異物が入りこむことを事前に防げるように構成されており、角質層の深い部分はそのまま放置しておくことで自然と水分が蒸発されてしまいます。

この時の水分の蒸発が起こることで乾燥肌などの肌トラブルが起きてしまうとされています。

そのためキメが細かい肌を作るためには、角質層に適度な潤いが保たれていなければならないのです。

そこで潤いを保つために必要となるものが保湿ケアです。

キメが細かい肌は角質層で守られている : 2.キメが細かい肌は保湿が完璧

キメが細かい肌を作るためには常に潤いを保つことができる状態が必要となります。

そのためにもいつでも潤いを保つためにも日頃から保湿ケアを行うことが必要となります。

潤い成分の高い化粧品や美容液の使用、部屋の加湿状況のコントロールなど様々な潤いのためのケアを重ねることで綺麗なキメが細かい肌を作り上げることが可能となることに違いないでしょう。

キメが細かい肌を作りたいと考える場合は、毎日きちんと保湿ケアを頻繁に行うことを心がけて生活を送っていきましょう。

肌のキメが乱れる要注意ポイント

酸化は美容の大敵!美肌と抗酸化作用の秘密



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ