美白肌を作る日焼け対策3つの基本 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!ギター 愛 

美白肌を作る日焼け対策3つの基本 : 1.日焼けが多い時期をきちんと把握すること

日焼け止めのCMやメディア特集が頻繁に行われる夏の時期は日焼け止めを使用する人の数も驚く程に多くなるといわれています。

この夏という時期に日焼け止めを使う方の大半が「肌を焼きたくない」「皮膚がんなどの対策、健康な肌を保ちたい」など自分の肌に対して向上心を持っているからこそ、日焼け止めを実際に塗り、ケアを行っていると考えられます。

しかし夏場に日焼け止めを使用する方の大半が「夏だけ対策をしていれば良い」と思い7月から8月の2ヶ月のみ日焼け止めを使用して、それ以降やその前の季節には日焼け止めを使用していないといいます。

確かに最も紫外線が強いとされている時期は7月、8月の2ヶ月となっていますが、実は紫外線が強い季節はこれ以外にも5月、9月の時期や春頃なども非常に紫外線の量は高いとされているため、

きちんと日焼け対策を行うためにも日焼け止めを使用しなければならないとされているのです。

また紫外線量は住んでいる地域によっても驚く程に差があります。

日本国内でもやはり南にいけば紫外線の量は増え、北へいけば紫外線の量は減るものです。

そのため自分の地域がどの季節にどのくらいの紫外線量があるのかなどの平均的な目安となる数値なども把握しておく必要があるのです。

美白肌を作る日焼け対策3つの基本 : 2.日焼け対策のためのルールを守ること

日焼けを確実にガードしたいと考える場合は、きちんと日焼け対策のためのルールを設けて、そのルールを守ることを心がけて生活をしていきましょう。

第一に一年を通して365日毎日外出をする際はもちろん日差しが強い場所に出る場合は日焼け止めを塗る癖をつけましょう。

化粧水同様、日焼け止めも日課として使用することで綺麗な肌を作るための大きな予防ケアに繋がります。

忘れずに行うようにしましょう。

また「自宅にいる時は日焼け止めを塗りたくない」と考える場合は、洗濯物などを干す際などの少しの時間を外で過ごす時のみ長袖の洋服を着用することを心がけましょう。

美白肌を作る日焼け対策3つの基本

ほうれい線を作らないための日焼け対策



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ