美白肌の大敵メラニンとは? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!a0001_008019

美白肌の大敵メラニンとは? : 1.メラニンは働きのあるもの

色白美肌を目指す方の中でも特に地肌が元から暗いトーンの地黒の方は「メラニンにメリットなんて存在しないだろう」と思っていることでしょう。

しかし実はメラニンにも人間の体に欠かすことができない働きがあることをご存知でしょうか。

メラニン色素は、紫外線から私たちの体を守る役割があります。

メラニン色素が存在することで紫外線が皮膚の奥深い部位に入り込まないため炎症や水ぶくれ、皮膚がんなどを予防することができるのです。

また肌にバリアゾーンを作ってくれる効果もあるため、メラニン色素が含まれている皮膚は含まれていない皮膚と比べると強くよい肌質であるとされています。

とはいえ、メラニンを含む肌は少々黒くずんでしまっていたりするため、見た目的にはあまり好印象を受けることができるものではありません。

美白肌の大敵メラニンとは? : 2.メラニンは決して悪役ではない

メラニン色素は悪役のような悪いイメージがついてしまいがちなものです。

しかしメラニン色素は上記にあるように人間の体を健康に保つためには欠かすことができません。

紫外線を受けてメラニンが作られ、そしてメラニンは炎症を抑えます。

しかしメラニンは供給と排出のバランスをきちんと行うことができなかった場合、シミなどとして体に現れてしまいます。

シミは時限爆弾のように過去に受けた紫外線が皮膚に現れてしまうものです。

肌が正常に生まれ変わる機能を低下させることで現れるシミは、やはり一切作らないためには日々のケアとシミ対策の予防ケアが必須となります。

これらを同時に行うことでメラニンの悪いイメージを取り除き、良い部分のみを引き出すことが可能になることでしょう。

メラニンは悪いばかりのものではありません。

良い部分もあることを忘れずに良い付き合いができるようにしていくことが一番なのです。

これをいつまでも覚えておきながらメラニンに対するケアや意識とは付き合っていくように心がけましょう。

メラニン量をコントロールできない秘密

話題の色白美肌が作れる米ぬか洗顔とは?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ