たるみが原因のほうれい線 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!ahiruguchi

たるみが原因のほうれい線 : 1.たるみが原因のほうれい線は解消できる

年齢を重ねることに誰もが経験する”たるみ”

このたるみが原因となりできてしまった、ほうれい線は一件簡単に改善することはできないと思われがちですが実は毎日ケアを重ねることで確実に改善させることが可能なものでもあるのです。

まずたるみが原因でてきてしまったほうれい線は、顔のリンパが滞ってしまいその結果水分がたるみむくみができてしまいます。

むくんでしまった皮膚は水分が下の部位にたまり、その結果重たくなり重力が掛かってしまいたるみが生まれてしまうのです。

そしてたるみは、ほうれい線部位にまで影響するものとなります。

この”たるみ”を改善したいと考える場合は、まずはリンパの流れをよくすることが一番適しているといえるでしょう。

リンパの流れをよくすることは、むくみを解消させることにも繋がるため既存するたるみを減少させることも可能となります。

そのためにもマッサージやリンパの流れがよくなる顔を使ったエクササイズを毎日行うようにしましょう。

顔のリンパを流すことは小顔効果なども期待できるため、ほうれい線以外にも良いことが多数あることでしょう。

美容に敏感な方はもちろんほうれい線が気になる方も毎日顔のリンパを流すことを意識したマッサージなどを一日に数回行ってみることも良いでしょう。

たるみが原因のほうれい線 : 2.表情筋とたるみとほうれい線の関係

またむくみ以外にもたるみが現れることには原因があります。

それが”表情筋の劣化”です。

表情筋は顔にある筋肉ですので、この筋肉が劣化してしまうことで顔を本来支えている筋力が低下してしまうことに繋がります。

そうなってしまった場合、自然と重力に負けて顔全体の皮膚はたるみ、酷いほうれい線を顔に表してしまうことでしょう。

このようなことを避けるためにも毎日必ず会話をすること、笑うことなど表情筋を動かした運動を行うことで確実に表情筋の劣化は防ぐことが可能となります。

たるみを防止して、ほうれい線を酷くさせないためにも表情筋は毎日意識して使うようにしましょう。

ほうれい線ではない?老け顔の原因”ゴルゴ線”とは?

コラーゲン減少で見た目年齢がガタ落ちの理由



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ