免疫機能が強くなる?「笑い」が健康へ与える6つの奇跡 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!75bcec02d97115da0d4e6d0f8391365d_s

免疫機能が強くなる?「笑い」が健康へ与える6つの奇跡

「笑う」と免疫機能が強くなる?!!

最近、お腹が痛くなるような「大笑い」をしていますか?

お腹のそこから「わはははー」笑うと、心も体も何だか元気になった気がします。

実は、この「笑い」の力。健康にすごい影響力があると言われています。

海外では「笑い」が、心や体に良いと医学的に実証され、病気や予防や治療においても注目されています。

「笑い」が、健康法になりつつある

f3fb8df347acdd077d11245863d2ec4a_s

なぜ、笑いが健康に関係あるのかと言うと「笑い」という行動は、神経系に刺激を与えます

具体的には免疫のコントロール機能をつかさどる脳に、興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。

このペプチドが活発に動き出すと身体が健康に働き始めます

「笑い」によって作られた善玉の神経ペプチドは、リンパや血液に流れ出し、NK細胞の表面に付着しNK細胞を活性化します。

NK細胞は、がん細胞やウイルスなどの病を次々と攻撃し、免疫力をアップさせると言われています。

笑いのない日々、悲しみやストレスがかかると、マイナスの情報と脳の神経ではキャッチされNK細胞の動きが鈍くなり始めまて、免疫力は下がり、ガンになりやすくなります。

笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、免疫力もアップするので、日々笑いを生活に取り入れましょう。

「笑い」は、免疫力アップ(ガンの発症)だけでなく、身体にさまざまなグットで健康的な効果をもたらします。

A・脳の働きが活性化される

「笑う」と、脳の海馬の容量が増えて、記憶力がアップします。

受験生にも笑いは、グット!点数もアップするかも!?

B・ボケ防止にも効果的

「笑い」によって、脳波のアルファ波が増え脳がリラックスし、脳の働きが活発になります。

これは脳の若返りにもなり、ボケ予防になります。

C・血行の循環が良くなる

思いきり笑うと、呼吸が苦しくなる感覚がありますよね。

これは深呼吸や腹式呼吸と同じ状態で、体内に酸素がたくさん入り血液の巡りが良くなっているから。

新陳代謝がアップになって、冷えの改善にも繋がります。

D・筋力がアップする

「笑う」と、心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発になり、酸素の消費量も増えて、内臓の体操状態となります。

E・ダイエット効果あり

静かに過ごすより、笑っている方がカロリーの消費が高く、大笑いすると腹筋や顔の表情筋が鍛えられ、小顔効果もあり、腹筋も鍛えられます。

F・気持ちがhappyになる

8ac3eeee8e249d977b4e51be2787c962_s

「笑い」は、モルヒネ数倍の鎮静作用あると言われています。

「笑う」と、脳内のホルモンのエンドルフィンが多く分泌されます。

この物質は幸福感を感じるように作用し、ネガティブな思考を転換させます。

気持ちをスッキリとさせて、モルヒネ以上の鎮静作用があるといわれています。

笑うと確かにスッキリして、ストレス発散にもなりますよね!

気分がスカッとします。笑いは笑顔になりますよね。

周りの人たちにも、笑顔や笑いは、明るい気分にさせてくれます。

笑いや笑顔が、絶えない毎日を目指していきましょう。

日頃、笑うように心がけ、ちょっとの笑えることも、「大笑い」しちゃいましょう!

毎日、楽しいことを考えながら過ごしましょ!!

ほうれい線ではない?老け顔の原因”ゴルゴ線”とは?

ダイエット成功者の共通点は朝にあった!2つのポイントを紹介



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ