お肌が水分保持するハリのある肌のメカニズム | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!タオルを持つ外国人モデル [モデル:クセニヤ]

お肌が水分保持するハリのある肌のメカニズム : 1.ハリがある肌は水分保持ができている肌

輝かしいハリのある美しい肌は、誰もが憧れるものです。

この美しいハリのある肌を作るためには十分な水分が含まれる肌が必要となります。

十分な水分が含まれている肌はハリ感はもちろん弾力感や触り心地の良い柔らかさなどもあり、誰もが理想とするものとなっています。

肌がこのような理想の質感を手に入れることができる理由はあるメカニズムが理由となっているのです。

このメカニズムはきちんと理解をして、ケアを重ねることで誰でも簡単に綺麗な理想の肌を手に入れることが可能となるのです。

お肌が水分保持するハリのある肌のメカニズム : 2.水分保持ができているハリのある肌のメカニズム

皮膚の潤いを保つためにも適度な皮脂、角質細胞、天然保湿因子3種類の物質を保たなければいけません。

これらの物質は一定に体の中で常に保たれていますが角質層に保たれている水分のうちに3%弱が皮脂、20%前後が天然保湿因子、残りがセラミドという角質細胞間脂質となっています。

しかしこれらが加齢やストレスなどが原因で減少することで角質層の水分も失われてしまい、その結果乾燥や肌荒れなどが酷くなるといわれています。

この現象を皮脂欠乏症といいます。

この皮脂欠乏症になってしまうとハリのある肌を作ることは難しくなってしまいます。

皮脂欠乏症になりやすくなる原因は、加齢やストレス以外にも熱い湯船に浸かる、体や顔を強く洗うなど生活をしている中でも簡単に起こりゆる可能性があります。

このようなことを避けるためにも、常にハリのある肌を作るためにも保湿を行うことを意識して生活を送らなくてはなりません。

またハリのある肌には適度な弾力と柔らかさが必要となります。

この2つを手に入れるためにも保湿ケアにプラスしてマッサージや運動などを行うことも良いでしょう。

健康に良い行動は美肌を作ることにも繋がります。

積極的に良い行動を行い、そして保湿を重ねることで目指すハリのある肌は手に入れることが可能となります。

朝の洗顔は水だけで保湿が可能

べたつきは実は大切な保湿のポイント



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ