無添加・自然派・天然由来はケアの王道オーガニックではない?! | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!化粧ノリをチェックする女性(エステ・美容) [モデル:クリスティーナ]

無添加・自然派・天然由来はケアの王道オーガニックではない?! : 1.ケアの王道オーガニックではない類似成分の落とし穴

近年肌や体への負担が少ない天然性質のものが主流となっており、今ではケアの王道とまでいわれる程に人気を集めているオーガニックコスメ。

このオーガニックコスメですが実は、無添加、自然派、天然由来などのものと同じと考えられていることが多く多くの人々がオーガニックコスメとこれらのものを「一緒のもの」と考えているのです。

よく見かけることが多い”自然派化粧品””天然由来”はオーガニックコスメと少々似ていますが単純に「天然植物由来の成分を配合している」といったものだけであるため、製造元のメーカーなどによってかなり大きく差が出ているものとなっています。

しかしこのような美容アイテムは、植物エキスのみをメインとして作られているわけではないため、大体1滴前後のみ使用されていることから実際にはオーガニックコスメではないものとなっているのです。

このような問題が起きてしまう原因として、オーガニックコスメをうたうための基準が日本には法律上で定められていないため、どうしても似てしまうことから勘違いされがちなものとなってしまっているのです。

基本的に販売されているものの中の「自然派化粧品」と呼ばれているものは大半が植物エキスをふんだんに使用しているだけのものであるため、このようなものはオーガニックコスメではないといえるのです。

無添加・自然派・天然由来はケアの王道オーガニックではない?! : 2.無添加はケアには実は不向き?

自然派や天然由来とは異なる無添加化粧品ですがこれは、実はオーガニックコスメと比較すると、少々ケアには不向きなものとなっているのです。

と、いうのも無添加化粧品はケミカル成分を一切使用せずに作られているわけではなく、旧厚生省が指定した“アレルギー反応を起す危険性のある化粧成分を抜いたという意味のため、他のケミカル成分が含まれている可能性が非常に高いものとなっているのです。

そのためアレルギー体質の方などには少々ケアの際に使用を行ってもアレルギーが悪化してしまう可能性などがあるため不向きなものとなっています。

オーガニックコスメは浸透するからこそ将来的に安心なもの?

本当に肌荒れしないオーガニックコスメ



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ