甘い物が好きなダイエッターは「あんこ」を選ぶべき4つの理由 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!953cf9b109f6c7fe8a5c812603bb7d65_s

甘い物が好きなダイエッターは「あんこ」を選ぶべき4つの理由

甘い物が好きな方は、おやつに「あんこ」を!

甘い物って、わかっていても・・止められない!止まらない!ですよね~。

最近では、スイーツ男子と言われるくらい、男性でも甘いものが好きな方が増えています。

甘い物は、疲れている身体にリラックス効果をもたらしてくれます。

しかし・・。甘い物を食べていると、ちょっと罪悪感がありますよね・・。

太ってしまうかな?って考えてしまう。

でも、我慢するとストレスで、ドカ食いをしてしまう危険が・・。

甘い物が食べたくなったら、身体が糖分を求めているサイン

「糖分」は、疲れやエネルギー不足の時に生じます。

身体の「S・O・S」を見逃さないで!!

「糖分」は、悪い敵ではありません!糖分には、様々な種類があります。

健康的な糖分を摂取すれば、健康や美容に効果的です!

6dcc151f545ddeeae60fb98436267a37_s

そこでオススメなのが、甘い物を食べたくなったら「あんこ」

「あんこ」の原料は「小豆」、この「小豆」には様々な美容効果が含まれています。

A・食物繊維とサポニンが豊富

便秘の方にはオススメ。

食物繊維が腸内環境を整えてくれ便秘が解消されます。

また、サポニンが余分な水分を外に排出してくれるので「むくみ」を改善してくれます。

B・貧血やダイエットに効果的

「あんこ」には、「鉄」が多く含まれています。

「鉄」は、貧血予防に効果的

C・ビタミンB群が豊富

糖質を、エネルギーに変えてくれる「ビタミンB1」も「あんこ」には配合されています。

ビタミンB群は脂肪も燃えやすくしてくれます。

D・洋菓子に比べて、カロリーが低い

8332ad9f32494acdc6fe7fc7492a8dc2_s

甘い物を食べる時、気になるのがカロリーですよね。

洋菓子は、生クリームやバターを使っているのでカロリーも高めです。

そこで「小豆」を原料にする「あんこ」はカロリーも低めです。

また、「あんこ」の代表和菓子は、原料が小豆やきな粉、ゴマ、黒砂糖などヘルシーな材料が使われています。

洋菓子は、白砂糖やメープルシロップなどの調味料を使っていることが多いので身体には悪影響。

例えば、カロリー的には

チーズケーキ340カロリー VS どら焼き150カロリー

ショートケーキ380カロリー VS もなか130カロリー

シュークリーム180カロリー VS 羊羹100カロリー

プリン180カロリー VS おまんじゅう100カロリー

このように比較してみると、小豆を原料としている「和菓子」の方が圧倒的にヘルシーです。

美容や健康のためにも、甘い物が食べたくなったら「洋菓子」ではなく、和菓子の「あんこ」を食べるようにしましょう!

「糖分」を選び、うまくコントロールしてストレスない「おやつ時間」を楽しみましょう!!

甘い物を「あんこ」にするだけで、罪悪感がなくなるかも?!!

ダイエットを「周りの環境で諦める」事にならない為のテクニック

ダイエットに欠かせないクロストレーニングで話題の「ボルダリング」とは



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ