ダイエットで朝食を食べないと太ってしまう3つの理由 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!5ab5218dbd4d7176d28abca4d8af8225_s

ダイエットで朝食を食べないと太ってしまう3つの理由

痩せたければ、「朝食」を食べましょう

ダイエットのために「朝食」を食べない人がいると聞きます。

その習慣。実は、逆効果!!逆に、太ってしまいます

朝食を食べないと、なぜ、太ってしまうのかというと、朝食を食べないでいると、1日2食になりますよね。

朝食を抜くとランチまで、空腹時間が長くなります。

お腹すいたー!!という気持ち。

ランチ時、「やっと、食料にありつけた!!」と、意識していなくても、1食分の量が増えていきます。

要は身体が食べ物を欲しがっている「飢餓状態」が、ランチ時に爆発してしまう。

暴食気味になってしまうと、太ってしまいます

なので、餓死状態から脱出するためにも朝、「朝食」でエネルギーをチャージしてあげることが必要。

ランチ時のドカ食いを防止する

075739

朝食を抜くと、昼までにお腹がすきやすく、その反動でランチだけでなく、夕食も食べすぎてしまう傾向があります。

また、1日の食事回数が減ると体は脂肪を溜め込み、エネルギー不足を回避しようとするので、太る体質になりやすい

「朝食」は、少し豪勢でも1日の中でカロリーが消費されるといいます。

なので、朝食にはちょっと豪華に食べたいものを食べるのもオススメ。

例えば、ケーキとか甘いパンとかを食べても1日でリセットできるので、罪悪感がなく、食べれるっていいですよね!

ダイエット中食べたいものは、朝食に食べましょう

他にも朝食抜きは、健康的なバランスにも悪影響を与えます。

朝食が1日のうちで、最も大切です。

A・朝食抜きは、脳にエネルギーがなくなる

エネルギーがいかないと、頭の回転が悪くなります。

朝食は1日の始まりです。

脳は、睡眠時もエネルギーを消費しています。寝るのにも体力が必要なのです。

起きて朝食を食べないと、エネルギーチャージがされません

人間は食事によって、素早くエネルギーをチャージします。

朝食抜きは脳にエネルギーがいきたわらず、脳が活発に働きません

これは、要領が悪くなり、ミスが多発する要因でもあります。

B・朝食抜きは、便秘になる

110610

朝食抜きは、排便のリズムを狂わせます

健康のためにも、朝の排便はとても大切。

そのためには、朝食をしっかりと摂取し、腸に刺激を与えることが大切です。

これにより、便秘が改善され、腸内環境が整う

その他に、朝は忙しいですが、排便の時間を確保することが大事。

余裕を持って、起床する「早寝早起き」も習慣になります。

C・イライラ防止になる

朝食を食べないと、血液中の糖分が低いままです。

血中の濃度が低いと「低血糖」状態になり、イライラの原因になり、神経が落ち着かない。

上記からも、朝食の大切さが理解頂けたと思います。

朝食は1日の大切なスタートに欠かせない習慣だと言うこと。

毎朝20分ほどでも早く起きるだで、朝食を食べる時間が確保できます。

今まで朝食を食べなかった方は、ガっツリと朝食を食べるのは難しいと思います。

そのような方は、まずはフルーツやシリアルなどと言った簡単な朝食から始めてみて下さい。

全く食べないよりかは、GOODです。

「朝食」を食べて、身体が健康なサイクルになることを目指しましょう!

ダイエットと健康維持に運動が必要なワケと注意点

健康や美容に効果が高い「ナッツ類」の栄養とオススメ加工品



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ