ダイエットに適した半身浴のベストなお湯の深さはどれくらい? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

ダイエットに適した半身浴のベストなお湯の深さはどれくらい?

hanshinyoku-fukasa_01

半身浴を実践している皆さん、お風呂に入るとき、どのくらいの深さのお湯をためていますか?

お腹まで?胸の下まで?

まず、どうして半身浴では、昔から言われている「肩まで浸かって」を推奨していないのでしょうか。

それは、肩まで浸かった状態でかかる体への負担からです。

半身浴では、基本的に20分からの長めの入浴を勧めています。

肩まで浸かる入浴法を全身浴と言いますが、その状態で体にかかる水圧は諸説ありますが、少なく見積もってもなんと500キログラム。

 

1トンと仮定する説もあるほどで、その負担の大きさが計り知れます。

負担が大きいぶん、半身浴よりも消費カロリーは大きいのですが、これで長時間浸かっていれば、入浴で疲れが取れるどころか、より疲れるはめになってしまいます。

水圧がかかるということは、内臓への負担も大きいということ。

上半身には心臓という、収縮することで機能を保つ重要な臓器があります。

嘘だろうと思った方は、一度、浴槽の外と中でウェストや胸囲を計り比べてみてください。

hanshinyoku-fukasa_02

少なくとも2センチ程度の差は出ると思います。

もちろん数値が低いのは水の中。

その数センチぶんぐっと締まる水の力が、内臓をずっと圧迫しているのです。

半身浴はダイエットだけでなく美肌効果も期待できる

そこで半身浴では、お腹から胸の間くらいのお湯の深さを推奨しています。

これなら負担が少なく長く入浴が出来るので、より多く汗をかいて代謝アップを促したり、美肌効果を期待することができます。

熱いお湯にさっと入るより、カロリー消費もぐんと上がってダイエットにも効果的です。

 

でも、中にはお湯から出ている方や背中が冷えてしまって、発汗があまり実感できていない方もいるかもしれません。

そういうときは、ぜひ1枚余計にタオルを持って入浴することをおすすめします。

hanshinyoku-fukasa_03

なるべくバスタオルなど大きめのサイズのものを、乾いた状態でお湯から出ている部分にかけてみて下さい。

これだけで随分、汗のかき方が違ってきますよ。

浴室の温度を保てるよう、冬場は換気扇を切ってみたり、体がぽかぽかする入浴剤を使ってみるのも良いかもしれませんね。

TVで効果が実証されたMCTオイル+コーヒー=最強ダイエット!

むくみ予防になる食材、飲料



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ