安全で健康的な妊娠中のエクササイズの方法 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!e1b3670522010bf5f394541d0d898e8b_s

安全で健康的な妊娠中のエクササイズの方法

妊婦さんになるということは女性にとって、新しい命と対面するまでのとてもわくわくどきどきの期間ですよね。

妊娠中はエクササイズのプランややり方も負担をがかからないよう、手を加えなければねりませんが、オプションは決して少なくありません。

この時の目的はダイエットではなく、あくまで安全で健康的な体づくりです。

現在、あなたの体力の維持、脂肪を調整するという点で妊婦さん用のエクササイズプランもたくさん登場してきています。

今回は、運動大好きだけど妊娠中どうすればよいのか分からない方や赤ちゃんと母体の健康のためにもエクササイズを取り入れたいという方にぴったり、押さえておきたいポイントをご紹介いたします。

運動量

週に最低150分の運動を心がけましょう。

この150分という短くもなく長くもない時間が、カロリー消費・脂肪燃焼に最も効果的と言われているのです。

ただし、妊娠中の場合は決して激しい運動をせずなるべく息が上がりすぎない程度にしましょう。

エクササイズの選び方

yoga_maternity

あなたが楽しめる低反発・衝撃の少ないのエクササイズを選びましょう。

例えばジョギング・スイミング・水中エアロビ・ヨガ・サイクリングなどあなたがリラックスできリフレッシュできるタイプの運動法を選択するようにしましょう。

ゆっくり目の有酸素運動が良いですね。

ここではエクササイズを楽しむことで、モチベーションも上がりますしチャレンジする気持ちも湧いてきます。

徐々に内容を変えましょう

体力がついてきたら、徐々にエクササイズの内容を変えていきましょう。

自分がチャレンジしていると感じる程度に。

もし1~2キロのウォーキングから始めて慣れてきたら、坂を歩くようにしたり、より長距離にしたりと様々なアレンジが可能です。

これによって、体の筋肉や脂肪に刺激を与え続けられます。

無理をしない

エクササイズをしている時は、あなたの体とよくコミュニケーションをとるようにしましょう。

特に妊娠中は、体からのSOSが感じやすくなります。

もし、めまいや息切れ、気分の悪さを少しでも感じたらそれは体があなたに何か訴えかけています

異常な状態を経験した場合、すぐ病院に行って診てもらいましょう。

避けた方がよいエクササイズ

飛び跳ねたりぶつかり合うようなエクササイズは避けましょう。

これらは急な方向転換などのスキルを要する場合が多いため、お腹にケガを負う危険性が高まります。

妊娠3か月後に背を向けて横たわる動作を含むエクササイズも避けた方が良いと勧めるお医者さんもいます。

食事を管理しましょう

439114e2c5a4c07e3719c60c31ed4bb6_s

あなたの食べたものをノートに記録しましょう。

カロリー量に注目するのではなく栄養量に注目します。

水分も重要な栄養です。どのくらい消費したか記録するようにしましょう。

これは妊娠中、食欲の度合いや気分の変化による食事の消費を監視することができますし、今後何をもっと摂った方が良いのか参考になります。

人間の体重管理・健康管理は70%食事30%運動と言われているほど、口に入れるものは大切です。

しっかり管理するようにしましょう。

体重管理もしましょう

118183

妊娠期間中に増えた体重を記録しましょう。

妊娠中の体重増加は自然なことであなたの体力のレベルと兼ね合わせて調整していく必要があります。

妊娠のプロセスが続くと共にゆっくり体重が増えていくのがとても健康で理想的だと言えます。

詳しく解説すると妊娠期間中に11~18キロの増加が健康的な体重の変化であると言われています。

妊娠中のエクササイズについていろいろなアドバイス・ポイントを上げてきましたが、運動する前は医者に相談することをおススメします。

妊娠期間中だからこそ行う安全で楽しいエクササイズをみなさんも試してみてはいかがでしょうか?^^

妊娠中や産後に簡単に栄養が取れる4つの食事テクニック

【体験談】産前産後の抜け毛について



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ