間違ったダイエットが急増!見た目が良くなる4つの秘訣で体重マジックに騙されない | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_s

間違ったダイエットが急増!見た目が良くなる4つの秘訣で体重マジックに騙されない

間違ったダイエットに注意!!

最近、小学生の高学年でもダイエット!ダイエット!と言い、食事制限をしている子がいると聞きます。

これには、がっかりです。

小学生は成長期。バランスの整った食事が、未来の身体を創り上げます。

そんな大事な時期に、ダイエットなんて・・。考えられません。時代が違うのでしょうか?

最近、子供向けの雑誌を見ると、痩せすぎのモデルが多く出ています。

これが、現代の子供たちに悪影響を与えているように思えます。

ガリガリな身体=美しいモデル体型

この間違ったイメージが低年齢化のダイエット急増。

小学生だけでなく、高校生から20代後半の年代でも間違ったダイエットが増えています。

毎日、体重計に乗って、一喜一憂し食事制限をする。

そのうち「食べる行為」に罪悪感を得てしまい、終いには「摂食障害」になってしまう。

摂食障害は拒食と過食を繰り返し、通常の生活ができなくなる病気です。

今、若い女性に20%くらい予備軍がいると聞きます。

これは、間違ったダイエットが引き金になっています。

ここで、アドバイス!

「体重計」なんか乗らなくてもいいんです!!

112397

見た目が大事!!洋服サイズでチェックする方法でオッケーなんです。

体重が、実は結構あるのにスラッっとしている方は多い。

始めて会って、最初に「体重」を聞く人っていないですよね?

ということは、初対面つまり、見た目!「外見重視」というサイクルを利用しちゃいましょう。

体重なんて参考程度にしかすぎない。

「体重」の数字ばかりに拘っていると、「食事」が楽しめなくなります。

人生の楽しみでもある「食事」

痩せているから幸せ?

痩せているからって得する?

それよりも健康的に、美味しい食事を楽しんで楽しく運動する生活の方が人生有意義ではありませんか?

スリムな自分=自己満足に過ぎないと言っても過言ではありません。

自己満足に自分の人生を注ぐなんて、もったいない。

女性はメリハリが大切

50643481c8a285d9826d79968a52a4fa_s

ガリガリな身体に魅力は感じませんよね。

ガリガリ身体を抱きたいとは思いませんし、痛そう・・。

今日からは体重数字ではなく、全体のバランスを重視しませんか?

「体重」は「脂肪」だけの数字ではなく、筋肉や水分など「身体全体の重さ」です。

痩せたとか太ったとか・・はっきり言って、正確な数字ではない。

その日むくんでいたら、水分量も増えているのだから、体重も増えますし、その逆も同じこと。

「体重計」の数字マジックに、かからないようにしましょう!!

身体の全体バランスチャック

1・鏡の自分を見て、身体全体のバランスを見ること

「体重の数字」だけではわからない「見た目」を重要視

2・姿勢を正して、生活をすること

人間は姿勢を正して歩くだけでもマイナス2キロ痩せて見える

3・多少ヒールの高い靴を履いてみる

085899

7cmヒールが、女性の足を一番キレイに見せてくれる。

4・むくみをとるように、食べ物やマッサージをする

むくみを取ることによって、身体全体がスッキリします。

塩分を取り過ぎたり、アルコールを飲み過ぎたりするとむくみます。

「むくみ」を取るにためにはカリウムが多い果物や野菜を食べるようにする。

例えば、フルーツならばバナナ・リンゴなどがカリウム多い。

マッサージでは、リンパを中心にマッサージをするのがオススメ。

血液の流れを良くして、むくみ改善しましょう。

体重の数字に縛られない

見た目重要視の「スッキリした健康的な身体」を。

体重計の数字は、実はストレスが溜まる原因でもあります。

体重=脂肪ではありません

逆に、ダイエットは体重を減らさないように指導するインストラクターもいるくらいです。

これは、体重は筋肉量も含まれているから、筋肉量を減らさないで下さいって意味のようです。

要は、数字ではなく「見た目」重視です!!

間違ったダイエットは、今日からストップ!

コラーゲン減少で見た目年齢がガタ落ちの理由

美白肌をつくるための紫外線対策のためのルール



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ