美白ケアは夏だけじゃない!食事とスキンケアがポイントです | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

生活の中に美白を取り入れよう

bihaku_01

日焼け止めや美白化粧品など、美白市場が、最も加熱する季節。

それがです。

夏に美白に励んで頂くのは大いに結構なのですが、ちょっと待って下さい。

1年の中で最も紫外線が強い時期って、真夏ではなく5月頃なんです。

それに、ウィンタースポーツを楽しむアクティブな女性も増えていますよね。

真っ白な雪は紫外線をばっちり反射します。

実はオフィス街のアスファルトを歩くより、青い空の下のゲレンデの方が、

紫外線を多く浴びていることになるんです。

美白対策は、一年を通して必要みたいです。

 

とはいえ、あまり手間も値段もかかるのは困りもの。

そこで普段の生活から取り入れられる美白美容を考えてみましょう。

女性なら毎日、多かれ少なかれスキンケアの時間は取るものですよね。

そして当然ですが食事も摂ります。

自然に美白を取り入れるなら、この2つの時間を積極的に利用すべきです。

美白ケアにはハイドロキノンとビタミンC

まずスキンケア

bihaku_02

美白化粧品は山のように出回っていますが、よく聞かれる成分が、ハイドロキノンビタミンCです。

どちらも取り入れたいという方には、朝にビタミンC系夜にハイドロキノン系化粧品のご使用をお勧めします。

何故かといえば、ハイドロキノンは特に、美容皮膚科でも処方される強い成分だから。

ハイドロキノンは、メラニン反応が起こらないよう直接皮膚に働きかけます。

それをつけたまま紫外線を浴びると、皮膚刺激を妨げるためのメラニン色素が作られず、皮膚内部が傷んでしまいます。

夜に塗って、朝には必ず洗顔で落とすようにしましょう。

4%未満の配合濃度だと効果がないので、購入時にはそちらも注意してみて下さい。

朝に野菜や果物を食べて体の中から美しく

次に食事

ビタミンCを多く含む食品は、野菜や果物に多いです。

bihaku_03

果物には果糖が多く含まれ、これはエネルギーに変わるのが速い長所がある反面、使われないと脂肪になりやすい特性も持っています。

積極的に摂り入れるなら、活動前の朝が良さそうですね。話題のスムージーなら、時短も出来て楽ちんです。

飲料にも効果を期待したい方には、ハトムギ茶がお勧めです。

ヨクイニンという美白に効果的な成分が入っていますし、カフェインレスなので寝る前も安心して飲めます。

毎日気をつけていれば、うっかり紫外線を浴びてしまってもリカバリがし易いもの。

塵も積もれば、の気持ちで、気楽に美白美容につとめていきましょう。

二の腕のブツブツやたるみに効くと話題!ウデセレブの口コミを調査!

【体験談】切れ毛とひどいパサつきへの対処



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ