どちらを選びますか?コーヒー vs ノンカフェインコーヒー | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!dc8e7b1849b8128e3babb77053691258_s

どちらを選びますか?コーヒー vs ノンカフェインコーヒー

今回のテーマはコーヒー vs ノンカフェインコーヒーです。面白そうでしょう?

ダイエットしている方や、健康に気を使っている人は迷わずノンカフェインの方を選ぶと思います。

ノンカフェインコーヒーが開発された今、多くの人が今まで飲んでいたコーヒーからノンカフェインへ切り替えました。

実際に研究がなされ、ノンカフェインがカフェイン入りより健康に優しいのか検証されたところ、胃酸の逆流などの特定の状態下においては一般のコーヒーより酸液が少ないため、ノンカフェインが良い選択であることが分かっています。

コーヒーの2つの働き

コーヒーは私たちのお腹にもたらす影響として2つの働きをします。

それは化学酸が含まれていることと、あなたのお腹がコーヒーを飲むことによって作り出される酸性物です。

後者のケースはコーヒーが当事者となって酸性物をお腹に作らせます

また前者はコーヒーに含まれる成分が胃酸を刺激するという仕組みです。

胃酸逆流の症状で悩んでる人は食道を痛めている可能性が高いため、コーヒーの摂取を止めた方が良いです。

ノンカフェインコーヒーをめぐり様々な研究がなされてきたなか、それぞれが行き着いた結論に誤差が起きてしまうのは避けられないようです。

1997年に Munich’s Hospital Bogenhausen が行った実験結果では、ノンカフェインコーヒーを飲むことによって患者は胃酸逆流を経験しなくなったと発表しています。

また反面、他の研究では全く反対の結論に至ったところもあるようです。

コーヒー豆に問題があると指摘する専門学者も多いようで、今でも議論は絶えません。

コーヒー豆について

1dc37000a74acee044df75fdee0d4487_s

今販売されているほとんどのコーヒーは Arabica か Robusta beans と呼ばれているものです。

Robusta はお手頃な価格で手に入りコーヒー生産者たちの間では、あまり期待されていない品質です。

味をよくするために Arabica と混ぜ合わせた状態でよく売られています。

ノンカフェインコーヒーはこの評価の低い Robusta のものに頼っています。

この2つのブランドに加え、コーヒーの味に関してはコーヒー豆に含まれるオーガニックの酸性物の状態でも確実に変化するのはご存知でしたか?

キニン酸、リンゴ酸、シトラスなどあらゆる酸生物の状態がコーヒー豆の熟加減で変化します。

さらにコーヒーに詳しいかたはよくお分かりだと思いますが焙煎時間も大切なプロセスです。

焙煎している時間が長いほど酸が失われていきます。

ある実験では、この様々な酸の量はノンカフェインよりレギュラーコーヒーに多く含まれることを発見しました。

こうなってくるとどちらが体に良いのか混乱しますよね。

ノンカフェインコーヒーでもカフェインは入っている

酸性物に反応しない人もカフェインに敏感であるという場合もあります。

一日のカフェイン摂取量は200ミリグラムとされています。

この指定されている量を下回っている限り、健康に害はありません。

039368

しかし、人によってはほんの少しのカフェインでも腹痛・イライラ感・寝不足などの症状がでる可能性があります。

そんなカフェインに敏感な方は、カフェインレスのコーヒーにもカフェインは入っているので注意が必要です。

レギュラーコーヒーは一杯につき75ミリグラムとされていますが、カフェインレス・ノンカフェインも最低で8~14ミリグラムものカフェインが含まれています。

自分の体と相談しながら、コーヒーを楽しみましょう。

トレーニング前に飲むと素晴らしい効果を発揮します。

化学的に配合されたノンカフェインコーヒーに抵抗がある方、タンポポコーヒーや麦からできたコーヒーなどあらゆる代用可製品もでてきているので、リサーチしてみても良いですね!

カフェインの美容・健康効果まとめ

コーヒーの飲み方でライフスタイルやダイエット効果が変わる!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ