【グリーンナッツオイル】の効果とレシピで美容と健康を極める | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!1

α-リノレン酸が豊富なグリーンナッツオイルについて

2

別名インカインチオイルとも呼ばれるグリーンナッツオイルは最近注目されつつあるオイル系健康食品のひとつです。

なぜ、グリーンナッツオイルが注目をよんでいるかというと、理由は栄養素にあるとされます。

健康のために日々、摂取が理想とされるオメガ3脂肪酸に該当するα-リノレン酸50パーセントもふくまれているそうです。

オメガ3脂肪酸は、体内で作ることができない必須脂肪酸です。

健康のためには欠かせない必須脂肪酸が体内で作られないことに悩む健康家たちが多くいる中で、その悩みを解消する心強い味方になるのがグリーンナッツオイル。

その栄養から得られる効果として、

認知症予防(記憶力の向上)

アレルギー症状の改善(花粉症やアトピーなど)

生活習慣病改善・予防

・糖尿病・高血圧・動脈硬化・心臓病などの大病を予防

うつ病の改善・予防

美肌効果

老化予防

などがあげられます。

それらの効果に強く作用するのが抗酸化作用(α-リノレン酸)になります。

健康的な体を作り上げるために必要となる必須脂肪酸にはオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の適度なバランスが理想となるのですが、最近ではオメガ6脂肪酸を含む食品の摂取量が多く、オメガ3脂肪酸が不足しがちだそうです。

しかし、オメガ3脂肪酸を含む食材には限られており、理想とされる量を到達するのは難しいのが現状。

グリーンナッツオイルは1日小さじ1杯ほどで、その摂取量を達成できます。

その高い栄養素に注目する人たちが急増しており、市販でも売り切れが続出しているようですね。

必須脂肪酸(α-リノレン酸)をここまでしっかりと摂取できるのは、グリーンナッツオイルくらいではないでしょうか。

 

ビタミンEも豊富なグリーンナッツオイル

3

ほかにも、グリーンナッツオイルには天然ビタミンEも豊富に含まれています。

ビタミンEの効能は抗酸化作用にも大きくつながります。

抗酸化作用は、細胞や肝臓を含めた体内すべての老化を抑制するといわれています。

老化を防ぐことによって期待できる効果として、

がん予防

生活習慣病予防

肌トラブルの改善(シミ・くすみなど)

血管の若返り効果(サラサラ血で血行改善につながる)

更年期障害の症状を和らげる

女性ホルモンのバランスを整える

など、女性にとってうれしい効果ばかり。

年を取るとともに不安に感じる部分をグリーンナッツオイルを摂取することで解決につなげてくれます。

女性ホルモンのバランスがとれてくることで、月経不順生理痛の改善にも影響してきます。

ビタミンEを少量でもたくさん摂取できるグリーンナッツオイルは、悩める女性のためにあるといっても過言ではありませんね。

 

グリーンナッツオイルの主な効果

4

上記でも触れてきましたが、グリーンナッツオイルをとりいれることで、確実に実感できる効果として該当する美容効果・健康効果を確認していきましょう!

美肌効果(若返り効果含む)

肌の代謝をサポートしてくれる抗酸化作用は、シミやたるみが現れやすい30代以降の女性にとって欠かせない栄養素。

美肌作りのために食生活や生活リズム・食品に気を使っている方も多い中で、現在の生活にグリーンナッツオイルを加えることで、体の内側から美しくなれるのです。

抗酸化作用には美肌作り以外にも、肌の若返り効果も大きく期待できるので、美容にとってなくてはならない存在と言えます。

効果的なダイエット生活をサポート

さらに、α-リノレン酸とビタミンEには中性脂肪やコレステロール量の吸収を抑える効果も期待できます。

脳の老化現象や神経細胞のダメージを防ぐ効果もあるので、悪玉コレステロールを減少させる物質を効率的に作り出してくれます。

そのため、グリーンナッツオイルを摂取することで、体に脂肪がつきにくく、ダイエットをスムーズに行う場合に最適なサポート活動をおこなってくれます。

辛いアレルギー症状の改善

α-リノレン酸には、花粉症やアトピーなどもアレルギー症状の原因であるリノール酸の影響を抑制してくれる働きがあります。

リノール酸は過剰摂取すると、結果的にアレルギー症状を深刻化させる恐れもあるので、その物質の過剰摂取を抑制してくれることで、改善・症状を和らげる効果につながります。

神経細胞の活性化でストレスを和らげる

α-リノレン酸やビタミンEから得られる抗酸化作用は神経細胞の活性化に大きく影響します。

ストレスの重症化は脳が疲労状態(弱体化)に陥っていることが原因とされています。

抗酸化作用で活発に脳から神経に伝達を行えるようにしていくことで、自律神経を整えうつ病予防や、ストレスを和らげる結果につながってくるのです。

グリーンナッツオイルで効率的に栄養をとることで、心身ともに健康になれるというわけですね。

 

熱に強いオイル系健康食品

6

オイル系健康食品の最大の弱点は酸化しやすく熱に弱いという部分。

なので使用用途も限られてきてしまいますよね。

おもな活躍場面として、サラダやパスタ・パンなどにかけたり、普段の料理にそのまま使用するなど、加熱は避けて使わなければなりません。

しかし、グリーンナッツオイルに含まれるビタミンEは酸化を防ぐ役割もおこなってくれます。

揚げ物での揚げ油として使用するには、コスト面でもおすすめはできませんが、炒め料理や焼き料理の際には酸化を気にせずに使っていただくことが可能です。

加熱してもグリーンナッツオイルの効果は変わらずに得られますので、普段の調理シーンに使ってみるのもいいですね。

 

グリーンナッツオイルを使ったレシピ

実際にグリーンナッツオイルを使用して体にいいレシピを実践している方もいらっしゃいます。

健康を意識するのなら、まずは食事に気を使うことが重要となります。

グリーンナッツオイルを料理で役立てて、健康な体つくりを目指しましょう!

 

グリーンナッツオイルを使ったサラダ

910333efdeee40d7e15b2e77d29764e2

出典:クックパッド

加熱もOKですが、和え物に使ってもおいしくいただけるグリーンナッツオイル。

食材との相性も抜群で、前菜や箸休めの時のひと品にいかがでしょうか?
レシピはこちら

 

グリーンナッツオイルはお菓子にも使える

3cca8599d46be79b0a137b5dd31ba51f

出典:クックパッド

加熱例として、お菓子にもグリーンナッツオイルは使えるんです。

オーブンでじっくり焼き上げても栄養が損なわれる心配はありませんので、ケーキ作りの際には、健康を意識したスポンジだって作れてしまいますよ。
レシピはこちら

 

体に優しいサラダ

9c0fe9a773754e4e1006654007b6050f

出典:クックパッド

ほかの健康食品と合わせれば、さらに健康促進・美容効果UPが期待できますね。

ヘルシーでおいしいサラダ作りにはおすすめのレシピです。
レシピはこちら

グリーンナッツオイルのまとめ

高い抗酸化作用と、熱にも強いグリーンナッツオイルの活躍シーンはとても豊富です。

健康作用・美容効果ともに満足したいのなら、進んで摂取していくことを推奨します。

サラサラで気持ちいい【グレープシードオイル】を使った美容法とスイーツレシピ

黒酢の持つ効果で健康維持を意識しよう!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ