食事制限はもう古い!栄養バランスを知れば何を食べても良いんです! | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!4d0481b9bee135e0aeb14a0ae1b3cb47_s

食事制限はもう古い!栄養バランスを知れば何を食べても良いんです!

ダイエットをしている皆さん、どのようなダイエットを経験してきましたか?

実にいろいろなダイエット法が世に存在しました。

バナナダイエット、こんにゃく、キャベツだけダイエット、玄米など多くのダイエットの歴史を見ていくと、何か一つのものを食べたいだけ食べてよいという精神的にもおかしくなりそうな方法だったと思います。

なぜこのようなダイエットが流行ったか、考えてみたことありますか?

理由は一つでは無いと思います。

〇〇だけを食べたいだけ食べるというフレーズに多くのダイエッターたちが安心感を抱いたと思います。

「私ならできる!」と思ったはずです。

要するにダイエット=空腹を我慢という固定観念があるために、お腹いっぱい食べても太らないという甘い言葉に簡単に誘惑されてしまっていたのです。

効果あるなしに関わらず我武者羅にバナナを食べていた方もいると思います。

固定観念捨ててください!食事制限はもう古い!

あなたの新しいダイエット方針は食事バランスに注目するべきです。

あなたの体が代謝できるカロリー下でしたら、バナナ以外の果物もどんどん食べてください!

炭水化物を食べても太りません。

あなたの食べる食事についてもう少し賢くなることが大切です。

もちろん体を動かして代謝量を落とさないようにするのも必要です。

以下のガイドラインに気を付けて、あなたの食事プランの参考にしてください。

炭水化物

164810a206103f5ef299042053db6bd1_s

ダイエット中、炭水化物を摂ることから止める人多いと思いますが、炭水化物だってただの役立たずではありません。

特にトレーニングする人、体を動かすための重要なエネルギー源となるのが炭水化物なのです。

満腹感が得られるので一日の高カロリー間食を防ぐカギにもなります。

ただ、気をつけねばならないのが何を選んで食べるか。

加工されてない玄米やオーツ麦などの体内で消化しづらい複合炭水化物をおススメします。

キヌアや全粒パン、全粒パスタやさつまいも、ヤムなどの根菜でも良いでしょう。

オプションは広いのでご安心を^^

タンパク質

104366

タンパク質は筋肉細胞を作ってくれて維持するサポートをします。

これによって体の代謝を上げ太りにくい体質を作り出すのです。

脂身の少ないお肉、魚、チーズ、豆類、レンズマメなどがおススメです。

またタンパク質ダイエットというのも最近流行っているようです。

ですが、タンパク質だけ摂っているからといってひとりでに筋肉を作り出し、引き締まったボディが出来上がるわけではないので注意してください。

ある程度の脂質と炭水化物を利用して本来の働きをすることを頭に入れておきましょう。

さらに卵からも良質なたんぱく質が摂れますが、卵白だけではなくコレステロールを含んだ黄身も一緒に食べることをおススメします。

黄身には卵白より数倍のミネラルとビタミン成分が入っています。

3つ分の卵白:1つ黄身(黄身は一日一つを目安に)という割合で食べることでカロリーも気にせずヘルシーなダイエットを継続してください^^

脂質

252008

動物性の油は飽和脂肪でできていて体に悪影響と思われがちですが、決められた量を守ればホルモンバランスを助けエネルギーの原料にもなると言われています。

筋肉を作る上で必要なホルモンテストステロンを作る助けもしてくれます。

植物性の油ではココナッツオイルやオリーブオイルなどがあります。

特にトレーニング前にココナッツオイルを摂取することでトレーニングの際に必要なエネルギーを作り出し、体内で効率の良い働きをします。

果物と野菜

これらは体に必要なビタミンとミネラルなど抗酸化作用をもたらす重要な成分が豊富に含まれています。

自身の食事プランを考える時、野菜とフルーツでバランスをとる方法を摂ることが成功のカギとなるでしょう。

色々な野菜にトライして、自分の好きな食べ方・満足できる料理法を編み出すのも良いですね。

体が新鮮な野菜・果物を欲していると感じることができたらあなたのダイエット成功への道は確実です!

食事の回数

126889

これに関しては、みなさん混乱していると思います。

一日1食が良いだとか、6~8食が良いだとかあらゆる情報があなたを取り囲んでいると思います。

一番大切なことは、あなたの体に耳を傾けること!

お腹すいてないのにもかかわらず無理やり食べ物を押し込んでしまうのもストレスの原因になりますし、我慢もよくありません。

守らねばならないのは、朝食は必ず毎日摂るようにしましょう。

オートミールやフルーツ、卵など一日のエネルギー代謝システムを始動させる最も大事な食事です。

そして、多くても4~6食を目安にバランスの摂れた食事を目指してください。(タンパク質・野菜・炭水化物をすべての食事に含める)

体内リズムと朝食ダイエット3つの教え

楽しくダイエット・エクササイズ!アメリカで話題の「ズンバ」の効果とは?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ