無理なずぼらダイエットがほうれい線を作る | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!sugatami

無理なずぼらダイエットがほうれい線を作る : 1.ほうれい線はずぼらダイエットで酷く残る

代謝を上げながら適度な運動、栄養バランスが整った食事の見直し(食事制限)、これらを同時に行うことができた場合、無理なダイエットとはならないため、肌が劣化してしまったり、吹き出物ができてしまう心配はありません。

しかしこれらができない無理なずぼらダイエットや過剰な制限などを行ってしまった場合、体の中に十分に栄養を行き届かせることができず、結果的に代謝も落ちてしまい肌の細胞を活性化させることもできず肌全体が酷く荒れてしまうことがあります。

そして過激なダイエットを行った場合、顔全体が急な食事制限などによりやつれてしまい、脂肪を保っていた皮膚が伸び、小顔とはほど遠い皮膚ばかりが垂れてしまい悲惨なほうれい線が現れてしまうことがあります。

急激なダイエットでのほうれい線は、伸びている皮膚が元の状態に戻りにくいため元の状態に戻したいと考えた場合、かなりの努力が必要となります。

また見た目もしぼんでしまった風船のようになり、悲惨な状態となってしまいます。

このようなことを避けるためにも、ずぼらなダイエットは避けて健康的なダイエットを行うように心がけましょう。

無理なずぼらダイエットがほうれい線を作る : 2.40代以上のずぼらダイエットは悲惨な結果に繋がる

若い頃のダイエットは成功率も高く、比較的健康に痩せることも簡単に痩せることもできるため、ずぼらダイエットも可能になりがちです。

このダイエットの成功率の秘密は”代謝”が関係しています。

若い頃は代謝も良いため、どのようなことでも常にうまく体を稼働させることが可能となります。

しかし40代以降でずぼらダイエットを行ってしまった場合、20代などの若い年齢の方と比較すると代謝も下がっているため、肌の弾力なども弱くなっているため、ほうれい線ができやすくなっています。

そのため40代でずぼらダイエットを実施してしまうことでほうれい線が酷くくっきりとついてしまった顔を作ってしまうことになる可能性があるのです。

もしダイエットを行う場合は、きちんと代謝などを意識して健康的なダイエットを行いましょう。

くぼむほうれい線はデスクワークが原因

ほうれい線ではない?老け顔の原因”ゴルゴ線”とは?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ