うつ病予備軍から脱出する5つの初期改善法 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!a2877e742dcd10a6df804b259e239ae7_s

うつ病予備軍から脱出する5つの初期改善法

日本は、年々「うつ状態」になる方が増えています。

うつ病で、通常の生活ができない人も数多くいる現代。

「うつ病」が悪化する前、早期に気付き対処すれば完治すると言われています。

うつ病が、悪化すると自殺や死を連想してしまい、他人のアドバイスなども聞けない状態になる。

過度なうつ病は完治するのに時間がかかると言います。

そうならないためにも、初期段階で鬱状態に気付き対処しましょう。

主な、うつ状態の初期症状

例えば、不眠・食欲撃退・朝起きれない・やる気が起きない(2週間くらい続く)

朝は元気ないが、夕方から元気になる・ため息が続く・マイナス思考が止まらない・・などなど。

少しでも該当する方は、鬱病予備軍かもしれません。

ここで、うつ病予備軍から脱出対処法について。

太陽の光を浴びる

8736245f97ed82759b8e0e3507466c28_s

うつ病になると、光を避けやすくなります。

太陽の光を積極的に浴びるようにしましょう。

天気のいい日は、外にお散歩に行くのもオススメ。

軽い運動をする

運動はリフレッシュになって、リラックス効果もあると言います。

激しい運動はストレスになってしまうので、軽く汗ばむ程度の運動がベスト。

散歩程度が鬱病予防にはいいです。

マイナス思考になってしまったら、書いて吐きだす

725265fdf0481d929c602e09844cc6f7_s

うつ病は、マイナス考えが止まらなくなることで起こります。

そこでちょっとでも、考え事でマイナス的な要因が気になり始めたら、メモ帳でもチラシの裏でもいいので、思っていること・考え込んでいることを書き出していきましょう

永遠と書きだします。思っていることを全部書きだす

281807ff8187927f3614c7fedc53a859_s

全て書きだしたら、思いっきり紙を破りましょう!!スッキリします。

人に言えない不満や不安も中にはありますよね。

そのようなことは、紙に書き出せばいいのです。

誰にも聞かれることはないですし、破って捨てるので見られる心配もありません。

一人で考え込んでいるよりも、吐きだすことが大事

書き出した後は、思っている以上に気持ちがスッキリしています。

そして書き出して、毒素を外に排出してしまうのでストレスも発散

誰にも迷惑を掛けないで対処できる方法です。

時には、自分に優しくなる

うつ病にかかりやすい方の性格特徴は真面目な人・内向的な方・柔軟な考えが出来ない方・・など。

自分にある意味厳しい人です。

自分に時には優しくなることも必要です。常に、ムチを打っているのは、心も疲れてしまう

心の疲れは、鬱病になりやすい。時には、優しくを心掛けて。

「まぁ、いっか!」という気持ちでいること

こうならないとダメ。このような状況にしておかなくてはいけない。などと言ったガチガチな思考は禁物

ハプニングは起こります。柔軟な考え方が必要です。

真面目な人ほど考えが固すぎて、予想外のことが起こると自分を責め始めます

これが、鬱病の発症に繋がりかねない。

まぁ!なんとかなるさ!という気持ちで、いることが大切。

どーんと構えるくらいの、余裕な心や気持ちでいることは大事です。

如何でしたか?

うつ病にならないためにも、自分で気持ちのコントロールをしてみましょう!

漢方にも使われる【マルベリー】

新感覚!ジェルタイプのおいしく食べる青汁[美感青汁]の特徴と口コミ



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ