朝の洗顔は水だけで保湿が可能 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!白人女性 顔パーツ口元31

朝の洗顔は水だけで保湿が可能 : 1.保湿に気をつけた肌ケア作りは朝の洗顔から

にきびや毛穴が酷く開いてしまった肌荒れの目立つ肌の場合、朝の洗顔は必ずしっかりと夜の洗顔同様、枕に付着したダニや夜のうちに分泌された皮脂などをきちんと落とすためにも洗顔フォームや石鹸などを使い綺麗に洗顔をしなければなりません。

しかし乾燥肌が酷く目覚めた時からお肌が突っ張ってしまうような乾燥肌は肌の水分を維持するためにも角質層を覆っている皮脂膜を洗顔フォームや石鹸などで洗い流してしまわないためにも水のみで洗顔を行わなくてはいけません。

特に冬などの油脂が貯まりにくい季節は乾燥肌の場合、朝の洗顔に石鹸や洗顔フォームは使用せずに水もしくはぬるま湯で洗顔は済ませるようにしていきましょう。

朝の洗顔は水だけで保湿が可能 : 2.朝の洗顔で乾燥肌を和らげるための「ぬるま湯」

乾燥肌が酷く、水で洗顔をした場合、洗顔後に突っ張ってしまう感じが酷くなるという方も多いかと思います。

特に冬や秋などの寒い季節は、このような肌の感覚を感じやすい季節は、水を使うことで手などの部位もヒリヒリとあかぎれしやすくなり痛む可能性があります。

このような時には洗顔時は水を使用するのではなくぬるま湯を使用するように心がけましょう。

30度前後のぬるま湯は、肌への負担も少ない適温とされており、使用することで肌を柔らかくケアすることが可能となります。

また洗顔後に肌がしみてしまった場合やつっぱりを感じた場合はすぐに化粧水を塗るようにしましょう。

そのためにも洗顔を終えてすぐに化粧水を塗ることができるように洗面台の付近に化粧水を置いておくようにしましょう。

化粧水を塗った後は、時間がある場合はその後ホットタオルでケアなどを行うことができれば乾燥を避けるためのケアは完璧です。

しかし時間のない朝などは、水もしくはぬるま湯洗顔、その後の化粧水ケアのみで良いでしょう。

この洗顔の流れはカサカサやパサパサの目立つ肌を大体1週間しないくらいの間で改善することが可能となるでしょう。

つるつるの肌を作るための泡洗顔

綺麗に見える肌が作れる洗顔料の正しい選び方



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ