妊婦には必須の美容!体内からのストレッチマークケア | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!ninshinsen

体内からのストレッチマークケア

妊婦さんに必須の美容とも言えるのが、ストレッチマークのケアです。
妊娠による急激な伸びに皮膚がついていけず、ひび割れのようになってしまうことが原因のストレッチマークは、一度できると一生消えないという説もありますが、一体どうしてなのでしょうか。

皮膚はいくつかの層からできています。ひび割れができるのは、実は一番上の層ではありません。怪我をしても分かるように、表層は治りがはやいもの。実は傷つくのは、内側、のコラーゲンなどの層なのです。

いくらせっせとオイルやクリームを塗っていても、皮膚の生成が追い付かなければ意味がないというわけです。コラーゲン層をしっかりとサポートすることも、ストレッチマークの大切なケアのひとつと言えそうです。

過去の関連記事:ストレッチマークを予防するオイルマッサージの注意点

 コラーゲンの摂取とストレッチマークケア

ではコラーゲンの豊富な料理をたくさん食べればいいかといえば、話はそう簡単にはいきません。

妊娠中は体重管理も大切になってきます。コラーゲンの含まれる食べ物はカロリーが高いものが多く、つわりの酷い妊婦さんであれば食事そのものが難しいこともありますよね。

妊娠中のコラーゲン摂取におすすめしたいのがドリンクやゼリータイプ。粉や錠剤と比べ、つわりの最中でも取り入れやすいといえます。既に服用している薬やサプリメントとの飲み合わせが気になるようであれば、一度お医者さんに相談してみましょう。

↓↓代表的なコラーゲン製品↓↓

素肌美人になれるコラーゲンドリンクの詳細

お手軽美肌生活コラーゲンゼリーの詳細

コラーゲンたっぷりの低カロリー麺の詳細

お腹以外のストレッチマークケア

ストレッチマークは、お腹だけにできるものと思われがちですが、妊娠中にはお腹以外にもむくんでしまったり、大きくなる個所はいくつかあります。二の腕、太腿、バストなどがそうです。
食べつわりなどで、全体にお肉が付きやすくなって悩んでいる妊婦さんもいらっしゃると思います。
全身ケアという意味でも、皮膚やコラーゲンの生成に注目したケアは有効そうです。

もちろん外側からのケアも合わせて行うのがベストです。ストレッチマークの出来始めには、赤みが出たり、痒みがあったりと自覚症状がある方も多いそう。気づいたらすぐに始められるよう、早めにしっかり対策を考えてストレッチマークに臨みましょう。

過去の関連記事:着けてストレッチマーク(妊娠線)を予防する人気マタニティグッズ



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ