女性の抜け毛に関係する脱毛症と治療法について | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!

女性の抜け毛に関係する脱毛症と治療法とは?

抜け毛と聞くと「円形脱毛症」「抜け毛症」といった男女関係なくなるものを思い浮かべますよね?

ですが、女性特有の脱毛症が抜け毛の原因となることをご存知でしょうか?

ホルモンバランスの乱れなどからくる脱毛症などもあるのです。

今回は、女性特有の悩みである脱毛症についてご紹介させていただきます。

女性の抜け毛に関係する脱毛症!薬の服用で女性の抜け毛に効果があります!

あまり知られていないと思いますが、女性の抜け毛の原因ははっきりしていて、治しやすいものだといわれています。

女性の抜け毛に多いのは、更年期の女性に多い「びまん性脱毛症」です。

他には、出産後に誰でも経験すると言われている「産後の抜け毛」です。

2つとも、「ホルモンバランスの乱れ」によって髪の毛が抜けてしまうのです。

なので、原因が分かっている人や、頭頂部、おでこ、髪の生え際の抜け毛が気になる方は薄毛を専門としている病院などで診察を受けてみてください。

今までは男性の抜け毛に注目されてきましたが、女性の抜け毛の原因を解決してくれる専用の病院や薬が出ていますので解決することが可能です。

女性の抜け毛の原因となる脱毛症の種類

女性にとって抜け毛のことを相談するのはかなり勇気がいることだと思います。

自分の目で確認できない場合は、進行状態が分からなくてとても不安になりますよね?

そんな女性特有の抜け毛には、主に2つの症状があります。

「びまん性脱毛症」と「分娩後脱毛症」の、これらの脱毛症はクリニック等への受診が早ければ早いほど改善がしやすく、抜け毛を減らす効果が出ると言われています。

これからそれぞれの脱毛症の詳しい症状を説明していきます。

「びまん性脱毛症」

びまん性脱毛症は、更年期の女性や無理なダイエットをした女性の髪の毛が「細くなる」「ボリュームがなくなる」などの特徴があります。

その原因として「女性ホルモンの減少」が挙げられる様です。

「びまん性脱毛症」は「FAGA(女性男性型脱毛症)」とも呼ばれ、更年期を迎えた女性や、無理なダイエットやストレスからくる女性ホルモンの乱れにより、男性ホルモンが強まり脱毛症を発症してしまいます。

おもな症状としては、髪の毛の分け目や、頭頂部など目に見えずらい場所から抜け毛が始まります。

目に見えずらい部分から徐々に抜け毛が増えて脱毛が進行することで対処が遅れてしまう事も多々あるようです。

そのため、自分が思っているよりも抜け毛の範囲が広がっていることがあるんだそうです。

過度なダイエットやストレスを溜め込まないようにする事はもちろん、睡眠や食事バランスなど日々の生活もこの「びまん性脱毛症」の予防には効果的です。

「分娩後脱毛症」

分娩後脱毛症は、出産を経験した女性に多く代表的な抜け毛のひとつです。

抜け毛が発症する場所は決まっていませんが、シャンプーをするときなどに指に絡み付くほどの抜け毛があるのが特徴です。

出産を経験した人の多くは、多かれ少なかれこの分娩後脱毛症を経験しているそうです。(気づかない人もいるそうですが)

こちらの原因も「びまん性脱毛症」と同様に「ホルモンバランス」が関係しています。

出産産後のホルモンバランスの崩れによってヘアサイクルが乱れ、抜け毛につながるようです。

ですが、こちらは病的な脱毛症ではなく一種の「生理現象」とも言えるため、そこまで不安に思う必要はないです。

また産後は「睡眠不足」や授乳による「栄養不足」なども抜け毛の原因となるため、極力気をつけて生活したいですね。

しかし、突然たくさんの抜け毛を見たら誰だってびっくりしちゃいますよね!

産後の体はこういった変化もあるんだと知っておくことも必要ではないでしょうか。

また、抜け毛の増加により見た目も「老けて見える」といった悩みを持つママも多いようです。

そういった方は授乳中でも使える育毛剤なども検討してみましょう。

女性の抜け毛の原因となる脱毛症の治療法

びまん性脱毛症と分娩後脱毛症の治療は「ハリ」「お灸」などで頭皮の血行を良くしたり、漢方で血流を良くして改善していくのが一般的です。

「びまん性脱毛症」に限って言えば、その進行度合いから「飲む育毛剤(内服薬)」を処方している病院もあります。

内服薬はびまん性脱毛症に対して、体の内側から毛根に働きかけて健康な毛根に育て直します。

女性専用の薄毛治療クリニックでは、外用薬と内服薬を処方して徹底的に薄毛を改善することも可能ですので、薄毛で悩んでいる方は一度受診してみるといいかもしれません。

内服薬に関しては、ヘアサイクルの関係で即効性はなく、最低3ヶ月は継続して服用すことををオススメします。

分娩後脱毛症の場合は、薬で治療するというのは一般的ではなく(赤ちゃんのためにも!)体と赤ちゃんに良くないので、まずはかかりつけの産婦人科で医師と相談してみましょう。

たくさんのママが通る道なので必要以上に悩まずにストレスを溜めない事が効果的です。

女性の抜け毛に関係する脱毛症と治療法まとめ

脱毛症が薬で治せるなら誰でも簡単に実践できますね。

ぜひ、参考にして悩みをなくしましょう!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ