年齢を感じる?ひじ、ひざの黒ずみ | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!lipchap_woman

年齢を感じる?ひじ、ひざの黒ずみ : 1.気づかないうちに、ひじ・ヒザが黒ずんでいた!

乾燥する季節、リップクリームハンドクリームが欠かせませんよね。

お風呂上がりのスキンケアも念入りになります。

ボディケアもきちんと、乾燥対策を取り入れているでしょうか。

首から下は年中同じケアという方もいるかもしれません。

その油断が時間差で招くお肌悩みが、ひじ・ヒザの黒ずみ。

ひじ・ヒザの黒ずみの困った特徴は、人目につきやすいのに自分では気づきにくいこと。

そして肌荒れや、痩せたor太ったなどとちがって、親しい友人でもなかなか指摘してもらえないことがあります。

おうちならまだしも、出先の鏡で気づいたりしたら、ショックですよね。

年齢を感じる?ひじ、ひざの黒ずみ : 2.ひじ・ヒザのかさつきや黒ずみ、人からはどう見える?

ひじ・ヒザの黒ずみは、第一印象を左右しやすい箇所でもあるってご存知でしょうか。

とくにヒザは昔から、首と並んで見た目年齢を左右する代表的な箇所トップ2に君臨しています。

ぱっと見て気づきにくく、指摘もされにくいのに、そこで年齢を判断されるなんて、ちょっと憂鬱な話ですよね。

それからやはり、ひと目見て綺麗だなと思われる脚や腕に必須なポイントが「つるつる」であることに尽きます。

ムダ毛がなく、かさつきのない腕や脚は、お手入れが行き届いている証拠。

きちんと美容に気をつかっている女性というイメージを周りに与えることができるのです。

とはいえ、ひじやヒザは体の他の部分とは事情が違うことも事実。

衣服とこすれたり、正座で何度も膝を上げ下ろししたり。

肘もデスクワークで机に乗せて動かしたりしますよね。

そしてひじとヒザの共通点といえば、どちらも間接であるということ。

コーデュロイ生地の衣類を見るとよく分かりますが、頻繁に曲げ伸ばしする部分は伸びやすく、シワになりやすいのです。

このシワが皮膚にも生まれ、シワの間に影ができることで黒ずみが強調されてしまいます。

どうしてもくすみやすいひじやヒザ。

スペシャルケアを取り入れて、若々しい肘、ヒザを手に入れましょう。

コラーゲン減少で見た目年齢がガタ落ちの理由

年齢が出やすい首のしわを防ぐ効果的な方法



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ