にきびが酷い時のピーリングの鉄則 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!白人女性 顔パーツ23

にきびが酷い時のピーリングの鉄則 : 1.にきび肌の保湿と修復が必要な時のピーリングは×

顔全体に大量のにきびができてしまった場合や毛穴が酷く開き、顔の印象はもちろんメイクノリも驚く程に変わってしまう時期などは、ある程度いつものケアの中でもおやすみをさせなくてはいけないものを自分で見極めなくてはなりません。

そのおやすみをさせるべきケアのひとつが角質ケアです。

角質ケアおよびピーリングケアは、にきびが大量にできてしまっている肌を傷つけてしまう可能性や乾燥を悪化させてしまう可能性があります。

これらが悪化してしまうことは、ターンオーバーの乱れがより遅くなってしまう可能性もあり、再生・修復の時間が長引いてしまい、にきび肌を改善することが難しくなる可能性もあるのです。

また肌の乾燥が進行すると刺激から肌を守るために人間の体は表皮の一番下にある基低層の細胞の増殖スピードが何もない平常の時よりも早く進行してしまいます。

早い進行になってしまうことで細胞は十分に成長することができず、悲惨な状態の肌をつくりだし、毛穴などが目立ってしまいます。

そのためある程度、にきびを改善させ、ターンオーバーのサイクルが通常になったと読み取れる時期から角質ケアやピーリングケアは再度スタートさせることが望ましいでしょう。

にきびが酷い時のピーリングの鉄則 : 2.にきび肌に有効なのは、自宅ではできないケミカルピーリングのみ

自宅でセルフで行うことができる簡易的なピーリングは、エステサロンや美容クリニック、皮膚科などで行うことができるケミカルピーリングとは異なりにきびを改善することには優れていません。

どちらかといえば毛穴に詰まっている汚れを改善することに適しています。

そのため「にきびは自宅でもピーリングで治せる」などといった考えは、ある程度ないものとして考え直しをすることをおすすめします。

またカサカサ肌が気になる時期なども自宅でのピーリングはなるべく控えましょう。

乾燥肌をより傷つけることで悪化させる可能性が増えてしまいます。

カサカサ肌が目立つ時期はなるべく保湿と修復ケアに力を注ぎましょう。

高温の洗顔はにきびを悪化させてしまう??

大人にきびの間違いケア”しっかり洗顔ができてない”



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ