にきび予防は保湿が大切なポイント | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!目元でポーズを決める指輪をつけた女性 [モデル:クセニヤ]

にきび予防は保湿が大切なポイント : 1.にきび予防に欠かすことができない保湿

ニキビはバリア機能が乱れてしまうバリア障害が原因でできてしまうことが多いとされています。

ニキビができてしまう最初のきっかけは毛穴の入口に汚れが詰まることが原因とされています。

そのためニキビに悩んでいる方々の大半が角層のセラミド量が全体的に低下しており、バリア機能が壊れているのです。

バリア機能が壊れてしまうと、角質細胞から情報が伝達されず、たんぱく質が主成分であるサイトカインと呼ばれるものが放出され角質層や皮膚の表面を守る働きが現れます。

これがいろいろな変化を遂げ、バリア障害を維持させるとされており、また角質細胞を剥がれにくくする働きがあるとされています。

しかし毛穴が詰まっている状態の肌にアクネ菌が多く集まり、溜まった皮脂の数が増えた状態の肌に絡みつき、繁殖し、そして結果的に炎症を持つニキビとなってしまうのです。

このような流れを絶対に行なわないためにも必要なのが”保湿”です。

にきび予防は保湿が大切なポイント : 2.保湿は毛穴の詰まりを解消させる一番のポイント

ニキビができやすい肌は、毛穴の詰まりが酷い状態となっています。

このような肌は皮脂が分泌されやすい肌となっており、水分が足りていない状態となっていることが多いのです。

このような状態に無意味な殺菌効果のあるニキビ用洗顔や化粧水などを使用してもバリア機能が壊れているため、あまり効果を得ることができません。

ニキビができてしまった肌を改善するためには潤いを保つことができる肌を作ることが一番良いとされています。

そのため毛穴の詰まりにくい肌を作るためにも適度な保湿ケア、皮膚のターンオーバーがあまりにも酷い時はケミカルピーリングなどを行うことも良いでしょう。

ケミカルピーリングは値段も少々はっても確実に綺麗な肌を手に入れることが可能となるでしょう。

しかしピーリングは肌質の方によっては、相性が悪くアレルギーなどが出てしまう可能性があります。

肌質が弱い方はそのようなことがないか施術を受ける場所に聞いてから行うようにしましょう。

実はシャワーの水圧がにきびが悪化する原因に?

意外と知らない○○がにきび肌を悪化させる原因!



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ