高温の洗顔はにきびを悪化させてしまう?? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!白人女性 顔パーツ口元19

高温の洗顔はにきびを悪化させてしまう?? : 1.高温のシャワーはにきびには刺激的

熱めのシャワーは全身にあてると意外と気持ち良く、特に顔などの部位にシャワーをあてて刺激を感じることが癖になっているという方も多いでしょう。

男性の方はもちろん女性の方もこの高温のシャワーをシャワーの醍醐味として楽しみにしている方も多いといわれており、毎日朝晩の2回、高温シャワーを楽しんでいるという方も多いとされています。

しかし実はこの高温シャワーはにきび肌にとって刺激が強すぎるため、あまり良くないとされているのです。

美容の専門家なども実際に顔にあてて良い適温は30度強のぬるま湯が理想の温度としており、シャワーの水温をあげることで肌への負担がどんどんと大きくなるとも研究結果から出ていると発表しています。

水圧はもちろん実はシャワーの温度も肌への負担がかかってしまうものとなっているのです。

高温の洗顔はにきびを悪化させてしまう??2.にきび肌は高温を避けてぬるま湯で洗顔が理想

にきびを作らない、そしてにきび肌を改善し綺麗な肌をつくるためにはシャワーの温度は適温とされる30度強のぬるま湯に設定し、水圧はゆるめて弱い程度に設定し、洗顔をするようにしていきましょう。

もしこの設定をすることが難しい場合は、入浴後や入浴前に顔のみは別として洗面台などで温度と水圧を調整したうえで洗うようにすることも良いでしょう。

美に敏感な芸能人やモデルなどの多くがシャワーで洗顔をするのではなく、洗面台で洗顔は別途で行うといいます。

このように綺麗な肌を作るためには少々手間はかかってしまいますがひと工夫を加えることで簡単に肌をケアをして、美しくすることが可能となるのです。

にきび肌を刺激しないためにも温度には十分に気をつけましょう。

またどうしてもシャワーでの気持ちが良い洗顔を行いたい場合は、毎日ではなくたまに32度から35度の温度設定で水圧を低めて行うようにしましょう。

またシャワーのお湯を手のひらに溜めてから洗顔をすることも洗面台同様、負担を最小限に抑えて行うことができる洗顔方法です。

にきび肌や乾燥肌を改善するどくだみ風呂の秘密

つるつるの肌を作るための泡洗顔



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ