にきび肌の原因は化粧用メイクブラシ!? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!化粧品セット

にきび肌の原因は化粧用メイクブラシ!? : 1.化粧用ブラシがにきびを作る大きな原因

毎日のメイクのお共である化粧用メイクブラシ。

キメが細かい肌の仕上がりを作ることができるメイクブラシは、一度使えば誰もがメイクブラシの虜となり、毎日使用したくなることに違いありません。

そんな便利アイテムであるメイクブラシですが実は、このメイクブラシがにきび肌などの肌荒れを起こる原因となることもあります。

メイクブラシは化粧品を塗るたびに肌に触れるものです。

そのため使いっぱなしの状態で放置しておくことでブラシに付着した皮脂や汗、老廃物や雑菌などが繁殖してしまい、次に肌に塗る際にこれらの汚れが肌へと移動してしまいます。

その結果、これらの汚れはにきびなどを作る肌荒れの原因となり、最悪の場合はブラシが化粧品の成分を吸収し、油の吸収力が薄れてしまいパサパサとした肌を作り上げてしまう可能性もあるのです。

このような肌にとっても悪い影響を作らないためにもメイクブラシは適度にお手入れを行う必要があるのです。

にきび肌の原因は化粧用メイクブラシ!? : 2.にきび肌を作らないメイクブラシを作るために

メイクブラシを使用することでにきびができてしまうなどの肌荒れを避けるためにもメイクブラシは適度にお手入れをする必要があります。

そのためにもまずは毎日使用後はティッシュなどで拭き取ること、コームで20回前後髪をとかすこと、汚れが気になった場合はすぐにぬるま湯に入れ添加物の少ない洗顔フォームもしくは石鹸で軽く手洗いし、ブラシの水分を取り除き日陰で風を当てながら乾かすこと。

このようなアフターケアをメイクブラシにも施すことでメイクブラシに付着しているにきびの原因となる汚れは綺麗にとれ、メイクブラシが清潔な状態を保つことができます。

このお手入れは毎日メイクをする場合は、できる限り週2回は行うように心がけましょう。

また毎日メイクしなかった場合でも3回に1度はメイクブラシのお手入れをするなどしていきましょう。

メイクブラシのお手入れは、汚れを落とす他にもメイクの仕上がりをよくする効果なども期待できます。

pHバランスがにきびのない肌を作るカギ!?

つぶすのは間違い!正しいにきびケアとは?



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ