実はシャワーの水圧がにきびが悪化する原因に? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!お風呂のイラスト「シャワー」

実はシャワーの水圧がにきびが悪化する原因に? : 1.シャワーの水圧はにきび肌には刺激が強い!?

朝の目覚めたばかりの時間や夜の就寝前、スポーツ後のひとときなど、勢いのよい水圧でシャワーを顔にあてることですっきりと気持ちの良い感覚を得ることができるに違いないでしょう。

特に汗をかいた後や顔が油っぽくなりテカリを覚えている時こそ、顔に水圧の強いシャワーをあてることで気持ちが良くなることに違いないでしょう。

しかしこの水圧の強さは、にきび肌にとっては非常に負担がかかりやすいものとなっているため、気持ちは良いですが刺激が強すぎてしまい、水圧を顔に受けることで毛穴やシワが刺激されてしまい結果的に無理やり肌が垂れ下がってしまう可能性があります。

このようなシャワーの水圧が顔全体を老化させてしまう原因となってしまうのです。

また炎症しているにきび部分に強い水圧のシャワーをあてることで刺激を与えてしまうため、さらに酷くにきびが炎症してしまう可能性があります。

炎症により肌が少々弱くなっている部位は絶対にシャワーの水圧を直接当てることは避けるようにしていきましょう。

実はシャワーの水圧がにきびが悪化する原因に? : 2.水圧で顔のバリアが弱くなりよりにきびが悪化する

シャワーの水圧は洗顔後の柔らかくなっている肌にとっては非常に大敵となるものです。

石鹸や洗顔フォームを使用した洗顔は、洗顔後の仕上がりが非常に柔らかくなっており、顔全体のバリアも弱くなっています。

そのため肌全体の弱くなっているバリアをシャワーの水圧で刺激してしまうことでにきびはもちろん肌荒れを悪化させてしまう可能性もあります。

そのためできる限り、洗顔後はシャワーで顔を洗うことは避け、もしシャワーで流したい場合でもある程度、低めの温度で弱いシャワー水圧で優しく包み込むように顔全体を流すようにしていきましょう。

このひと工夫でシャワー水圧でにきび肌をさらに荒らしてしまうことはもちろん、酷く悪化させることや今後にきび肌を作ることも避けることができるでしょう。

にきび肌を作る皮脂の取り除き

大人にきびの原因は思春期にきびとは異なるもの



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ