肌トラブル体験談「ストレスによる吹き出物で皮膚が赤くただれました」 | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!skin-problems8_01

そのお肌のトラブルで悩みや不安がありましたか?

頬全体が赤くなって、乾燥したような状態になり、皮膚剥げてきている感じになりました。

原因は、ストレスにようものだろうとのことでしたが、会社をリストラされた事や、祖母が急死したことで、精神的に参っていたため、生活環境がガラっと変わった事により、体調が変化したためと思われます。

外に出る時も、化粧もできず、すっぴん状態でしたし、こんなにもひどい肌のトラブルは初めてだったので、治るのだろうか、治らなかったらどうしようといった不安が常にありました。

たとえ治ったとしても、痕が残るのではないかという心配が強かったです。

 

そのお肌のトラブルにどのように対処しましたか?

洗顔する時は洗顔料を使えず、水のみで洗顔しました。

かゆみ痛みもあったので、肌への負担を少なくすることを考えました。

また、乾燥して皮膚が剥がれている状態なので、化粧水や乳液がその部分には使えなかったです。

それ以外の部分には普通のスキンケア商品を使い、その部分にだけ病院で処方された薬を塗るといった感じでした。

 

ファンデーションも塗る事ができなかったために、化粧はしばらくしませんでした。

ここまでひどく皮膚が変化したので、病院の薬を必要以上に塗った記憶があります。

ある程度治るまでは、数か月かかったので、その間はツラかったです。

 

そのお肌のトラブルが解決したことで気持ちや環境に変化があったら教えてください。

数か月を過ぎたころには、その赤く皮膚がめくれていた部分の赤みがだんだんなくなり、薄く皮膚がめくれているだけの感じ(日焼けの後に、お肌がピリピリめくれる感じ)になりました。

ここまでくると、少しは化粧できるようになったので、良かったです。

精神的なストレスも少しは落ち着いてきたことと、仕事も見つかり新しい気持ちで前向きに頑張ろうという気持ちが、お肌の改善にもつながったのかもしれません。

その後は、痕が残ったのですが、化粧で隠して、現在はほとんど目立たないです。

ただ、乾燥が激しかったためか、その部分だけ、他の肌に比べて、小じわが多いのが悩みです。

POLAの小じわ、くすみ対策の化粧品を愛用していますが、使い続けるにつれて段々と小じわが目立たなくなってきています。

ストレスが肌へ悪影響を与え、またそれがストレスになり・・・と悪循環に陥ってしまう所でしたが、何とか抜け出す事ができました。

肌のトラブルは、急にやってきて、しかも治らないかも・・・と心配になるなんて思ってもみませんでした。現在ではスキンケアも気を付けています。

 

最後に、同じトラブルを抱える方にコメントやアドバイスをお願いします。

顔の皮膚トラブルは、なかなか隠せない場所なので、憂うつな気持ちになるかと思います。

でも、必ず治ると信じて、お肌がキレイになるように、ストレスをためないように気をつけて下さい。

 

POLAが推奨する20代から始めるエイジングケアの詳細はこちら

こんなに使える!にきび肌をハッカ油で改善するための2つの使い方



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ