紫外線でなぜしみができる? | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!gal

紫外線でなぜしみができる? : 1.しみ予防のために欠かせないのが紫外線カット

しみができてしまう原因の代表に紫外線による原因があります。

この紫外線ですが日焼けをした時や日差しの強い夏などの季節にのみあると思われがちですが実は一年を通して常に紫外線は強く肌にダメージを与え続けているのです。

また長年の蓄積が肌にダメージを与えてしまうことか日々ケアを行っていた場合でもしみが現れてしまう可能性があるのです。

このようなことを避けるためにも紫外線をカットしてしみを予防するためにも一年を通して常にケアを行わなければなりません。

紫外線でなぜしみができる? : 2.紫外線でしみができるメカニズム

紫外線を人間の肌は浴びることで表皮の一番下にある部位の基底層に存在しているメラノサイトと呼ばれる色素形成細胞が肌を黒くさせてしまうメラニン色素を作り出します。

このメラニン色素は日焼けをあまり強く感じることのない冬などの季節であれば、少しずつ色が薄く元の白い状態に近づこうと体が自ら変化を起こします。

しかし長期間、紫外線に繰り返し何度もあたっている部位は“光老化”という現象が起こります。

この光老化は、しみの原因の一種となっています。

メラニンを体が紫外線によって構成し続けてしまうことで異常なメラノサイトが存在している部位に酷いしみが現れてしまうのです。

このようなメカニズムでしみは構成されてしまいます。

日々の生活の中で紫外線が強い、弱いなどに問わず一年中常に紫外線を対策するためのケアを行わなければいけません。

そして紫外線を浴びてしまった日はアフターケアとして、必ず毎日夜のケアをきちんと行わければいけません。

日々のケアを重ねることは確実な美肌を作るためには欠かすことができないものです。

だからかそ毎日きちんとケアは行えるように心がけていきましょう。

そして綺麗な透明感のある肌を手に入れたいと考える場合は美白化粧水を使用したケアを一年中取り入れて行うようにしていきましょう。

こうすることで確実に常に綺麗な肌を手に入れることが可能となります。

美白肌をつくるための紫外線対策のためのルール

イビサクリームは効かないの?誰にもバレない注文方法でこっそり改善



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ