美白肌をつくるための紫外線対策のためのルール | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!美しさに惚れ惚れする女性(美容・エステ) [モデル:クリスティーナ]

美白肌をつくるための紫外線対策のためのルール : 1.色白肌は紫外線対策のルールを守ることが必須

紫外線に勝てる、メラニンの活性化を進行させない肌を作るためには、ある程度、自分の中で決めた紫外線対策のためのルールを守る必要があります。

紫外線対策のためのルールにできやすい目安となるものを今回はいくつか紹介したいと思います。

美白肌をつくるための紫外線対策のためのルール : 2.紫外線対策ルールのための基本

紫外線対策に欠かすことができない基本ルールのひとつに”紫外線の強い時間は外出を避けること”があります。

紫外線が強い午前10時から午後2時の間は、一年間共通で紫外線が強い時間とされています。

この時間帯はできるだけ外出を避け、室内で過ごすことができるようにしていきましょう。

紫外線が最も強いとされている時間は1日の紫外線量の約50%が降り注いでいるともいわれているため、長時間紫外線を受けることで大きなダメージが皮膚に訪れてしまいます。

次におすすめしたい紫外線対策のためのルールが”日陰を利用すること”です。

太陽から直接あたる紫外線以外にも人間の体は地面や建築物から反射された紫外線、空気中で散乱した紫外線、雪などの自然がつくるものによる紫外線など数多くの紫外線を受けてしまうとされています。

そのため反射と散乱を避けるためにも日陰などの受けにくい場所を意識して街中を歩くように心がけましょう。

そして次に大切なのが”日傘や防止を使用する”ことです。

顔のような繊細な部位は紫外線を受けやすい箇所でもあります。

このような箇所に直接的な紫外線を多く受けないためにも一番紫外線量が多いとされている太陽からの紫外線を避けるためにも日焼け対策に良いとされているアイテムは進んで使用していきましょう。

UVカットに優れたものを選ぶことでさらに効率よく紫外線をカットすることも可能になるため、きちんとアイテム選びは慎重に行うようにしていきましょう。

これら以外にも日焼け止めをこまめに塗ることなどもやはり色白美肌をつくるためには、欠かすことができません。

必ずこまめなケアを行えるようにしていきましょう。

紫外線でなぜしみができる?

夜食に嬉しいお肌と体が喜ぶ美白美肌ゼリー



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ