保湿の必需品シートパックをさらに効果的に使用するテクニック | 30代から美容に燃える!アラサーの本気!ofuro_nyuyokuzai_woman

保湿の必需品シートパックをさらに効果的に使用するテクニック : 1.保湿をするための必需アイテムシートパック

美肌を作るため、たっぷりと潤いを保つことができる保湿に優れた肌をつくるため、多くの綺麗で理想的な肌をつくることに適している美肌の味方、シートパック。

ケースから出したあとのひんやり感触や肌に密着する感覚が絶妙に気持ち良くもありますが寒い季節に暖房などをつけずに使用すると少々冷たさを辛く感じてしまうこともあるでしょう。

このシートパックですがさらに効率良く、そして冷たい感覚を抑えて使用する方法を紹介したいと思います。

保湿の必需品シートパックをさらに効果的に使用するテクニック : 2.シートパックのひと手間テクニックで保湿力もプラス

シートパックはどうしても冷たくて使用することが苦痛に感じてしまう場合は、入浴時に湯船に浸かる際のお共として使用してみましょう。

湯気による保湿とシートパックの密着された保湿効果は、ガサガサ肌には非常に効果的です。

湯船から上がる頃には、シートパックも暖かくなりホットパックのようになっているかと思います。

このホットパックを顔につけたまま、体を拭き、最後にシートパックを取ることも良いでしょう。

そしてお風呂場ではなく、部屋でシートパックを使用したい方におすすめなのがたっぷりと化粧水で顔全体の肌をほぐし、そして冷たい温度に馴らせた後にシートパックを使用する方法です。

乾燥が目立つ肌に直接シートパックを使用すると染みてしまったり痛みを感じてしまうトラブルが起きる可能性もあります。

このような可能性を抑えるためにも、またプレとして化粧水を塗り、シートパックの効果をきっちりと浸透力を上げて使用するためにも、この方法は非常におすすめできるものとなっています。

そしてシートパックを行っている間は、リラックをしながらゆったりと過ごす、もしくはマッサージなどをして血流を良くするなど、美肌に良い行動を行うことで保湿をしながら綺麗な肌を効率良くつくることができるでしょう。

贅沢な時間を作るためにも、スペシャルケアのためにもシートパックを使用するひと手間の際には必ずこのような方法を取り入れましょう。

べたつきは実は大切な保湿のポイント

肌トラブル体験談「保湿クリームが効かない程の乾燥肌の原因は洗濯洗剤?」



スポンサード リンク


ページTOPへ

サイトTOPへ